備後(尾道・福山)エリア
神石高原町  府中市  世羅町  福山市  尾道市  三原市
備北(庄原・三次)エリア  芸北(安芸高田・三段峡)エリア  安芸(広島・宮島)エリア  広島県TOP  日本の旅ドットコムTOP
   

神石高原町 神石高原町    サンワの森  仙養ヶ原ふれあいの里
【 帝釈峡 】たいしゃくきょう 広島県神石高原町・庄原市(旧東城町)
カルスト台地の浸蝕で天然橋・雄橋などの奇勝群
比婆道後帝釈峡国定公園を代表する名勝。神龍湖を中心に上流が帝釈、下流が下帝釈峡。長さは約18kmにおよび、天然橋や鍾乳洞、岩柱、滝などの景勝地が続く。遊歩道が整備されており、カタクリなどの山野草観察も楽しみ。水上から渓谷美を見られる遊覧船も人気。
(写真)帝釈川の浸食で形成された天然橋・雄橋
リンク  神石高原町  庄原市  庄原市観光協会
府中市 府中市  府中市観光協会  オオムラサキの里  府中家具木工資料館  
府中市こどもの国    
【 上下町の町並 】 広島県府中市(旧上下町)
幕府の天領として、山陽と山陰を結ぶ石州街道の宿場町として栄えた上下の町には、当時の面影を残す町並みが続いている。白壁の土蔵造り、うだつ、格子戸の町並みに、陣屋跡、吉井寺、善昌寺など史跡・文化財も多い。見張り櫓が残る明治時代の旧警察署や末広酒蔵資料館、翁座、旧田辺邸、旧岡田邸、上下キリスト教会、吉田本店のうだつなどを、ゆっくり見て回りたい。
リンク  府中市  府中市観光協会上下支部 
【 翁座 】 広島県府中市(旧上下町)
石州街道の旧宿場町の面影を残す上下、白壁が印象的な町並のはずれに建つ木造二階建て芝居小屋。京都の南座を見本に設計され、1927(大正16)年の開場。芝居や映画上演などで賑わったが1965(昭和40)年頃閉鎖、平成に入り復興、維持努力が続けられている。町並と同様の白い外観が印象的で、人力の回り舞台や花道、コの字型の2階桟敷席なども現存している。収容約600人。土日祝などに見学可能。
リンク  府中市  府中市観光協会上下支部
【 四季の里 】 広島県府中市(旧上下町)
矢野温泉と矢野岩海とを結んだ総面積15haの自然公園。あやめ園やもみじ谷園、さくら園、フリーキャンプ場などが整備されている。中でも、あやめ園では約500種10万本のあやめが見事。あやめ寺と呼ばれる安福寺も隣接。あやめまつりは四季の里と安福寺で盛大に開催される。あやめの見頃は6月中旬から下旬。
リンク  府中市  府中市観光協会上下支部
【 矢野岩海 】 広島県府中市(旧上下町)
直径2〜8mの巨岩が全長約100m、幅約3mに谷を埋めている。霜食作用で風化した山頂部の岩盤が崩落し谷を埋めて形成された。岩間の空洞で洞穴が形成されたのも特徴で、コウモリが生息しているためコウモリ岩とも呼ばれている。地下水が流れており、洞口でもひんやりとしている。入口付近は矢野温泉公園四季の里としてあやめ園やキャンプ場などが整備されている。久井・矢野の岩海として国の天然記念物。
リンク  府中市  府中市観光協会上下支部
【 翁山世界一の夢のツリー 】 広島県府中市(旧上下町)
山全体がビックな光のイルミネーション
上下の町にそびえる比高約150mの翁山全体がクリスマスツリー。長さ約4kmの電線を使用、冬の夜に大きなイルミネーションが浮かび上がる。白壁が続く町並みから、光輝く山を望むのは格別。山頂部の電飾ネットは応募されたアイデアが生かされ毎年新しくなる。点灯は12月上旬から1月初旬。期間外でも3日前までの予約で一夜ごとの点灯が可能(有料)。
リンク  府中市  府中市観光協会上下支部

世羅町 世羅町  世羅町観光協会  世羅高原農場  花夢の里ロクタン  世羅ゆり園     
世羅ふじ園  甲山ふれあいの里  香山ラベンダーの丘  甲山いきいき村        
【 世羅高原農場 】 広島県世羅町
丘一面鮮やかに約250種、70万本のチューリップ
5万5千平方mの丘一面に約300種、70万本のチューリップが咲き誇る。色とりどりで鮮やか、訪れた人からの歓声が響く。見頃は4月中旬から5月上旬で、チューリップまつりが開催される。また、夏には約100万本のひまわり、秋には約2万5株のダリアの花が一面に咲く。
リンク  世羅高原農場  世羅町  世羅町観光協会
【 花夢の里ロクタン 】 広島県世羅町
西日本最大級の規模を誇る約60万株の芝桜
標高480m、約3万平方mの丘が一面にわたってピンクやホワイトなどの芝桜に彩られる。芝桜の間の歩道に入れば、周辺全てが鮮やかな自然の色彩。見晴台からは芝桜の丘や周辺の山々を一望。開花期間には芝桜祭りが開催される。隣接する菜の花畑もきれい。
リンク  花夢の里ロクタン  世羅町  世羅町観光協会
【 世羅ゆり園 】 広島県世羅町
屋外と全天候型の国内最大級ゆりの観光農園
4月中旬から12月上旬まで140種30万本の花を咲き、甘い香りが漂う。花畑は屋外と全天候型ゆりハウス。園内全て一斉に咲くわけではないが、区画ごとには一面に咲き、シーズンによって違った花を楽しめるのも魅力。生花や鉢植えなどの販売もあり、花の摘み取りも人気。隣接してせら高原を見渡せる見晴らしの丘がある。
リンク  世羅ゆり園  世羅町  世羅町観光協会
【 世羅ふじ園 】 広島県世羅町
約1200本のフジやツツジ、シャクナゲなど花の楽園
世羅高原ふれあいロード沿いで、世羅幸水農園の隣。約3.5haに約1200本のフジから見事な花が垂れ下がる。花が咲くと園内は甘い香りにつつまれる。夜はライトや提灯、ぼんぼりなどに照らされて、太陽に輝く花とは違った美しさ。ツツジやシャクナゲ、ボタン桜、デイジーなども見事。見頃は4月下旬から5月。
リンク  世羅ふじ園  世羅町  世羅町観光協会
【 甲山ふれあいの里 】 広島県世羅町
春のしだれ桜、初夏のあじさいなどが美しい。売店、レストラン、大浴場があるクラブセンターやキャンプ場、多目的ホール場、子供広場などの施設も。敷地は約50万坪と広く、園内のハイキングコースでゆっくりと中国山地の山々やバードウォッチングなどを楽しめる。
リンク  甲山ふれあいの里  世羅町  世羅町観光協会
【 香山ラベンダーの丘 】 広島県世羅町
やさしい香りにつつまれるラベンダー畑
約3.4haの丘一面に紫色のラベンダー咲き中四国最大規模。一人20本までの摘み取りもできる。ラベンダーのリース作りなどの体験やハーブティー、ラベンダーソフトなどの販売も。見頃は6月中旬から7月上旬。4月下旬から5月中旬にはアイスランドポピー、5月上旬から6月上旬にはカモミールが楽しめる。
リンク  香山ラベンダーの丘  世羅町  世羅町観光協会

福山市 福山市  福山市観光協会   福山城  ふくやま美術館  しぶや美術館 
ふくやま文学館  中川美術館  広島県立歴史博物館  福山自動車時計博物館   
日本はきもの博物館・日本郷土玩具博物館  ふくやま書道美術館  福山市立動物園  
みろくの里  ミュージアム花  ホロコースト記念館(2007.10.2 新ホロコースト記念館開館)
【 福山城 】 広島県福山市
1619(元和5)年の築城、江戸時代最後に完成された名城と称えられた。しかし戦災で大半が焼失、1966(昭和41)年に天守閣、月見櫓などが復元された。天守閣は五層六階、歴代藩主の遺品や福山など備後の資料が収蔵された郷土博物館として公開されている。また、桜の名所としてシーズンには花見客で賑わう。伏見櫓と筋鉄御門は往時の姿をとどめており国の重要文化財。
リンク  福山城  福山市  福山市観光協会
【 ばら公園 】 広島県福山市
バラの街の中心に5500株もの花が咲く
約1万5千平方mある敷地内に、280種、5500株ものバラが植えられている。戦後1000株植えられたのに始まり、現在では市内に約50万本ものバラが植わり、福山市の花。見頃の5月中旬には、この公園などを中心に福山ばら祭が開催される。
リンク  福山市  福山市観光協会
【 鞆の浦 】とものうら 広島県福山市
古い町並と史跡、瀬戸内海の素晴らしい風景
福山市南部、古くから瀬戸内海航路の要所として栄えた。江戸末期から昭和初期の街並みや港湾施設がよく残っている。また、海は多くの島々が浮かぶ美しい景観。琴の名作・宮城道雄「春の海」で舞台となった。福禅寺の対潮楼は江戸時代元禄年間に築かれた客殿で国の史跡、瀬戸内海の眺めでも知られる。
リンク  福山市  福山市観光協会
【 鞆の浦の町並 】とものうらのまちなみ 広島県福山市
江戸から昭和初期の建物が450以上残る港町
瀬戸内海の景勝地で、古くから瀬戸内海航路の要所で潮待ちの港としてとして栄えた。保命酒の本舗であった中村家の屋敷・太田家住宅や坂本龍馬ゆかりの家、いろは丸記念館、常夜灯や常夜燈や船番所などの港湾施設など、数多くの古い建物と古い港町情緒が色濃く残る。
リンク  福山市  福山市観光協会
【 明王院 】みょうおういん 広島県福山市
本堂に五重塔、貴重な建物が現存する古刹
芦田川に面した愛宕山の麓。弘法大師により前身の「常福寺」が807(大同2)年に開基されたと伝わる古刹。本尊は十一面観音像で平安時代前期作。本堂は鎌倉時代1321(元応3)年の建立で、全体が和様で細部に唐様という折衷様式では現存建物で最古。五重塔は1348(貞和4)年の建立で、国宝の塔では国内5番目に古い。本堂と五重塔は国宝、十一面観音像は国の重要文化財。
リンク  福山市  福山市観光協会

尾道市 尾道市  尾道市観光協会  因島観光協会  浄土寺  おのみち映画資料館  耕三寺  向上寺
平山郁夫美術館  圓鍔記念館  因島フラワーセンター  向島洋らんセンター  シトラスパーク瀬戸田   
【 尾道 】 広島県尾道市
坂道が多い瀬戸内海を望む昔ながらの町並
瀬戸内海に山が迫り、斜面に情緒ある町並や古寺が続く落ちついた町並。志賀直哉や林芙美子をはじめ、多くの文豪がこの町に魅せられて文学作品が生まれた。瀬戸内海を望む千光寺にはロープウェイで上れる。狭い路地を巡る古寺めぐりもこの街ならでは。
リンク  尾道市  尾道市観光協会
【 千光寺 】 広島県尾道市
尾道の街と瀬戸内海を望む尾道のシンボル
806(大同元)年の開基と伝わる真言宗の古刹。千光寺山(標高137m)の中腹に立ち眺めがよい。赤堂とも呼ばれる朱塗りの本堂が印象的で、驚音楼は除夜の鐘で知られる。また、高さ15m周囲50mの玉の岩をはじめ奇岩が点在する。境内の上を通過しているロープウェイの山頂駅からは文学のこみちを歩き約10分。周辺は千光寺公園として整備されている。驚音楼の鐘の音は、日本の音風景100選。日本さくら名所100選。
リンク  尾道市  尾道市観光協会
【 浄土寺 】 広島県尾道市
聖徳太子の創建で多くの文化財を所蔵
616(推古天皇24)年に聖徳太子によって創建され、足利尊氏ゆかりの寺としても知られる。国宝の本堂や多宝塔、国の重要文化財の山門、阿弥陀堂をはじめ、貴重な文化財が多く残る。山門には足利家の家紋が見られる。庭園は名勝。足利尊氏の古文書や聖徳太子像など多くの文化財が宝物館に展示されている。国宝の寺とも呼ばれる。
リンク  浄土寺  尾道市  尾道市観光協会
【 おのみち映画資料館 】 広島県尾道市
多くの映画のロケ地となった尾道にある明治時代の倉庫が改築された施設。尾道ゆかりの作品や資料などが展示されている。館内はレトロな雰囲気で、ミニシアターや尾道ロケ写真コーナー、小津安二郎コーナー、新藤兼人の世界などがある。映画のポスターやパンフレットも豊富。特別展も開催される。
リンク  おのみち映画資料館  尾道市  尾道市観光協会
【 因島水軍城 】 広島県尾道市(因島)
村上水軍の居城で、国内唯一の水軍城
現在の建物は、1983(昭和58)年に再建されたもの。城は水軍資料館として公開され、村上水軍ゆかりの遺品や武具、古文書などび貴重な史料や、水軍船の模型などが展示されている。隅櫓は船の資料館で、展望台も兼ねている。
リンク  尾道市  尾道市観光協会
【 因島フラワーセンター 】 広島県尾道市(因島)
大温室や大花壇など年中世界の花が咲く
因島の白滝山麓にあり、約1.8haの敷地に約340種9万5千本の花木が栽培され年中花が咲く。西日本屈指の「大温室」にはフラワートンネルなどがあり、珍しい亜熱帯植物も鑑賞できる。また、大花壇や階段花壇、100m花壇、芝生広場などがあり、バーベキューも楽しめる。花関連のイベントなども開催される。
リンク  因島フラワーセンター  尾道市  尾道市観光協会
【 耕三寺 】 広島県尾道市(生口島)
日光陽明門など有名建築を模した建築群
浄土真宗本願寺派の寺院。生口島出身の実業家・耕三寺耕三が亡き母への報恩のために僧籍に入り、1936(昭和11)年から30年余りの歳月をかけて建立した。20棟余の堂宇が並ぶが、飛鳥から江戸まで各時代の代表的社寺建築の様式を取り入れた。その中でも、日光東照宮の日光陽明門を模した孝養門は華麗で、そのため「西日光」とも呼ばれている。境内では桜や紅葉も美しい。
リンク  耕三寺  尾道市  尾道市観光協会
【 向上寺 】 広島県尾道市(生口島)
瀬戸田の町と海を見下ろす朱塗の三重塔
1403(応年10)年に開基された潮音山中腹の古寺。本堂は老朽解体、本尊を祀る仮本堂と鐘楼、三重塔が建っている。三重塔は1432(永享4)年の建立、高さ約19mで当時の禅宗建築の粋を集めた美しい建築物。周辺は巨岩が点在する潮音山公園で、「文学のこみち」などがある。山上からは視界が広がり、瀬戸内の風景を見渡せる。三重塔は国宝。
リンク  向上寺  尾道市  尾道市観光協会

三原市 三原市  三原市観光協会   みはらし温泉(日帰り湯)   広島空港
【 竜王山・筆影山 】 広島県三原市
多くの島々が浮かぶ瀬戸内海の大展望
三原市街地南方にそびえる445mの竜王山と標高311mの筆影山。2つの山は約3km離れており、それぞれの展望台からは瀬戸内海の素晴らしい眺めが広がる。竜王山からは、しまなみ海道の中の7つの橋も確認できる。春には筆影山頂付近などに咲く桜が美しい。また、冬は海霧の幻想的な風景を見ることができる日もある。
リンク  三原市  三原市観光協会
【 三景園 】 広島県三原市(旧本郷町)
広島空港の中央森林公園内にある築山池泉回遊式庭園。山・里・海の3ゾーンで構成されていることが名の由来。広島空港の開港を記念して造られたもので、面積は約6ha。山のゾーンには落差約14mの滝三段の滝、里のゾーンでは竹林や梅林もみじ谷などが美しい。海のゾーンは、瀬戸内海を表した大海と中島群、宮島を連想した数寄屋風水上建築の事務所が配置されている。
リンク  三原市  三原市観光協会
【 久井岩海 】くいがんかい 広島県三原市(旧本郷町)
大小数万の巨岩が重なり合う山腹の奇観
宇根山山麓に形成された国内最大級の岩海。「ごうろ」とも呼ばれている。長さ550m、幅65mの「銭亀ごうろ」や、長さ350m、幅90mの「大ごうろ」などの規模が大きく、「中ごうろ」の水温峡では岩海の下から水の流れる音が聞こえる。水量や深さは今だ不明という。旅行村から東に約2km、駐車場から徒歩約3分。久井・矢野の岩海として国の天然記念物。
リンク  三原市  三原市観光協会

日本の旅ドットコムTOPへ   広島県TOPへ
備北(庄原・三次)エリアへ  芸北(安芸高田・三段峡)エリアへ  安芸(広島・宮島)エリアへ