村山(山形・上山)エリア
尾花沢市  大石田町  村山市  東根市  河北町  寒河江市  天童市
山形市  中山町  山辺町  上山市  西川町  大江町  朝日町
最上(新庄)エリア  庄内(鶴岡・酒田)エリア  置賜(米沢・長井)  山形県TOP  日本の旅ドットコムTOP
   

尾花沢市 尾花沢市  尾花沢市観光物産協会   銀山温泉 
徳良湖温泉 花笠の湯(日帰り湯)   
【 銀山温泉 】 山形県尾花沢市
木造三層四層の旅館が軒を並べる温泉街
銀山川をはさんで並ぶ、木造りの旅館の数々。古く16世紀に銀鉱が発見され、江戸時代には公儀山として栄えた銀山。川沿いに湧出した源泉をそのまま内湯にして旅館が建てられたのが温泉街のはじまり。温泉は出羽の名湯として名高く、細かい湯花が交じった乳白色。雪景色がしっとりと似合う。
リンク  銀山温泉  尾花沢市  尾花沢市観光物産協会

大石田町 大石田町         
村山市 村山市   真下慶治記念美術館  東沢バラ公園 
北村山視聴覚教育センター(プラネタリウム)    
【 東沢バラ公園 】 山形県村山市
バラ園と3つの湖を中心とした美しい公園。約7haの広い敷地に700品種、2万株の世界各国のバラが色とりどりに咲く。開花時期には、様々なイベントが催されるバラまつりが開催される。全国のバラ園で唯一、かおり風景100選に選ばれた。見頃は6月から7月初旬。
リンク  東沢バラ公園  村山市  

東根市 東根市   東根温泉     山形空港
【 東根の大ケヤキ 】 山形県東根市
根小学校の校庭にそびえる日本一のケヤキ。小田島城本丸跡、現在の東根小学校校庭にある。南北朝時代に東根城内に植栽されたといわれ、樹齢1500年以上。樹高は28mで根回りは16mの見事な風格。日本ケヤキ番付表では東の横網(日本一)を張っている。国の特別天然記念物。
リンク  東根市  

河北町 河北町  谷地のお雛さま              
寒河江市 寒河江市  寒河江温泉    
天童市 天童市  天童市観光情報 
天童オルゴール博物館  広重美術館  天童市美術館  天童焼若松窯(陶芸体験)    
天童最上川温泉 ゆぴあ日帰り湯)
【 人間将棋 】 山形県天童市
将棋の駒で知られる天童ならではの人気イベント
4月上旬から5月上旬にかけて舞鶴公園で開かれる桜祭りのメインイベント。豊臣秀吉が小姓と腰元を駒に見たて、野試合を楽しんだことにちなみ、巨大な将棋盤の上をプロ棋士の指し手に合わせて戦国武将に扮した人が駒となって動くというもの。
リンク  天童市  天童市観光情報

山形市 山形市  山形市観光協会   立石寺(山寺)   文翔館  花笠祭り  蔵王温泉
山形県立博物館  山形市野草園   やまがた伝統こけし館  最上川ふれあい情報館    
山形美術館  紅花の歴史文化館  山形県産業科学館
<日帰り湯> 湯の花茶屋 新左衛門の湯  ZAOセンタープラザ
【 立石寺(山寺) 】 山形県山形市
山寺の名と、芭蕉の句で知られる岩山の古刹
山形市の北東端、貞観2年(860年)に比叡山延暦寺の別院として創建された天台宗の古刹。慈覚大師の開基といわれる。松尾芭蕉がここで「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と詠んだ。凝灰岩の宝珠山全体が境内で、岩山と老樹、寺院が一体となった独特の風景。頂には凝灰岩がそそり立ち、そこに堂宇が張りつく。奇岩と杉木立ちの中を1100段の石段が奥の院まで続く。
リンク  立石寺(山寺)  山形市  山形市観光協会
【 文翔館 】 山形県山形市
ネオバロック様式の建築を誇る旧県庁舎と旧議事堂
1916(大正5)年に竣工され、1975(昭和50)年まで県庁舎だった。花崗岩による重厚なネオバロック様式の建物で、国の重要文化財。現在は県郷土館(文翔館)として、県政など歴史資料が展示されている。ミュージアムショップや喫茶室もある。
リンク  文翔館  山形市  山形市観光協会
【 山形市のベニバナ 】 山形県山形市
山形市高瀬地区に広がる見渡す限りの紅花畑
山形県内では各地でベニバナの栽培が盛んだ。その中でも、山形市高瀬地区では規模の大きな栽培風景が見られる。黄色やオレンジ色の花が一面に見られるのは、例年7月上旬から中旬。高瀬川の両脇などには、ベニバナの花で彩られとてもきれい。
リンク  山形市  山形市観光協会
【 蔵王温泉 】 山形県山形市
硫黄の香り立ち込める蔵王西麓の古湯
蔵王連峰の西麓、標高900mに位置する温泉地。江戸時代から続く湯治場で、温泉街は強い酸性の硫黄泉の香りが立ちこめている。共同浴場や日帰り温泉、そして200人が同時に入浴できるという大露天風呂も。温泉街から出ているロープウェイやスカイケーブルを利用して手軽に山岳風景を楽しめる。樹氷観光やスキー場の基地としても人気。湯量豊富で、皮膚病や神経痛などに効能がある。
リンク  蔵王温泉  山形市  山形市観光協会
【 花笠祭り 】 山形県山形市
約1万人もの踊り手、東北4大祭りの一つ
8月5〜7日、山形市中心部を、「花笠音頭」の調子に合わせ、花笠を手に揃いの浴衣で踊り歩く。この地方で行われていた田植え踊りが起源とされる。花笠は山形特産のベニバナをイメージしている。十日町のスタート地点には飛び入り参加コーナーがあり、観光客の参加も可能。祭りは午前6時半から始まり、9時頃には「ヤッショー、マカショー」と最高潮に。
リンク  花笠祭り  山形市  山形市観光協会
【 日本一の芋煮会フェスティバル 】 山形県山形市
6mの大鍋で芋煮約3万食ものスケール
秋の訪れを告げるイベント。この地方では秋に家族やグループが河原などで鍋料理を楽しむ。このイベントでは使用するのは6mの大鍋、芋煮は約3万食ものスケール。材料は地元産の厳選素材で里芋3t、牛肉1.2t、ネギ3500本など桁違い。できあがると周辺はおいしい匂いにつつまれる。定額以上の協賛金で芋煮が味わえる。馬見ヶ崎河川敷双月橋付近で毎年9月第1日曜に開催。
リンク  日本一の芋煮会フェスティバル  山形市  山形市観光協会

中山町 中山町  中山町観光協会  ひまわり温泉ゆらら      
山辺町 山辺町  山辺町観光協会  
【 大蕨の棚田 】おおわらびのたなだ 山形県山辺町
収穫後のハサハサ掛けなど豊かな農村風景
昔ながらの田園風景は今や山辺町の代表的な景観。16ha、190枚程の田が季節のたびに美しい。秋に収穫を終えると、ハサ掛けが見られる。天日乾燥のおいしいお米。棚田いっぱいに整列、見事の一言に尽きる。日本の棚田百選。
リンク  山辺町  山辺町観光協会

上山市 上山市  山市観光協会   蔵王坊平高原
   蟹仙洞美術館  リナワールド  かみのやま温泉郷    
【 蔵王山 】 山形県上山市他
神秘的な色を見せる御釜が印象的
山形県と宮城県の県境付近にある峰々の総称で、蔵王山という固有の山は特にない。蔵王のシンボルといえば、御釜。熊野岳、刈田岳、五色岳に囲まれた周囲約1kmの火口湖で、神秘的な水をたたえ、太陽の光により色が変わって見える。春の新緑、夏の花畑、秋の紅葉、そして有名な冬の樹氷と、季節ごとに強い魅力がある。
リンク  上山市  山市観光協会
【 蔵王樹氷 】 山形県上山市他
冬の蔵王の代名詞ともいえる美しい自然造形
アイス・モンスターの愛称でも呼ばれ、気候によっては1月下旬から見られるが、一般的には2月下旬から3月上旬にかけてが一番の見頃。蔵王ロープウェイを利用するのが一般的で、山麓駅で樹氷見物の旨を伝えるとスキーヤーより優先的に乗れる。山頂駅からは一面の樹氷が見られる。よく見ると様々な形の樹氷があり面白い。夜間の樹氷ライトアップ観賞会が実施される日もある。
リンク  上山市  上山市観光協会
【 蔵王坊平高原 】 山形県上山市
蔵王連峰の裾野に広がる標高1000mの別天地
蔵王エコーライン沿いで美しい自然が広がる。夏は種類豊富な高山植物が咲き、トレッキングやキャンプで人気。冬はスキーや樹氷見物で賑わう。落差50mの観音滝などがある仙人沢が隣接、樹齢300年程の大杉やブナ林の中に湧水や古石仏があるお清水の森や、野鳥の森御田の神湿原などのポイントがある。
リンク  蔵王坊平高原  上山市  上山市観光協会
【 上山城 】 山形県上山市
最上、伊達の決戦地に立つ羽州の名城
武衛(武永)義忠によって1535(天文4)年に築かれた。山形の最上氏と米沢の伊達氏の決戦地。元禄10年(1697)松平(藤井)信通が三万石で入封すると城を復活した。明治に壊されたが、郷土博物館として1982(昭和57)に復活、五層の天守閣が新たにできた。周辺は月岡公園で、春の桜が見事。例年の開花時期に合わせ4月下旬から5月上旬に上山城祭りを開催、夜は桜と上山城のライトアップが美しい。
リンク  上山市  上山市観光協会
【 カセ鳥 】 山形県上山市
商売繁盛や火伏せを祈る上山の奇習
寛永年間から続く伝統行事。稼ぎ鳥、火勢鳥ということで商売繁盛や火伏せを祈願。ワラ蓑「ケンダイ」を着て、祝辞や「カッカッカッ」と鳥の鳴声をまねた奇声を口にして市内目抜き通りを練り歩く。訪ねた家々では手桶で水を頭からかけ、酒やご祝儀を振る舞い祈願する。また、ケンダイのわらを髪に結ぶと黒髪に恵まれると伝わる。2月11日。
リンク  上山市  上山市観光協会

西川町 西川町  月山朝日観光協会(西川町)  山形県立植物園  大井沢自然博物館  ミストガーデン   
大江町 大江町      
朝日町 朝日町  朝日町エコミュージアム協会  Asahi自然観  朝日町ワイン園     
   ハチ密の森キャンドル  フルーツガーデン設楽  清野りんご園  武田ぶどう園  うまいくだもの園
【 椹平の棚田 】くぬぎだいらのたなだ 山形県朝日町
美しい景観の中で扇状に広がる棚田
10.5ha、208枚。食料増産のために1943(昭和18)年から1946(昭和21)年にかけて開田した比較的新しい棚田。周辺の山々や集落と調和した美しい風景で、棚田は扇状に広がっている。一本松公園からは棚田を一望、町の中心部や最上川も遠望できる。また、公園では6月にヒメサユリが咲く。日本の棚田百選。
リンク  朝日町

日本の旅ドットコムTOPへ   山形県TOPへ
最上(新庄)エリアへ  庄内(鶴岡・酒田)エリアへ   置賜(米沢・長井)へ