富山・滑川エリア
滑川市  富山市
黒部・魚津エリア  立山・上市エリア  高岡・氷見エリア  砺波・五箇山エリア  富山県TOP  日本の旅ドットコムTOP
   

滑川市 滑川市  ほたるいかミュージアム  タラソピア(深層水体験) 
【 ほたるいかミュージアム 】 富山県滑川市
シーズンにはホタルイカが水槽で発光
富山湾の神秘「ホタルイカ」の生態や自然環境などを取り上げた、世界で唯一の施設。 幻想的な光が「海の銀河」にもたとえられるホタルイカを見られる他、映像で1年を通して神秘的な姿に出会うことができる。見てさわって参加することができる体感型の展示施設。
リンク  ほたるいかミュージアム  滑川市  
【 東福寺野自然公園 】 富山県滑川市
標高300mの台地に広がる自然公園で、富山平野や日本海を望める。園内には、時計台、芝生広場、パークゴルフ場、バーベキュー広場、SLハウスなどがある。縄文時代の竪穴式住居が見つかった不水掛遺跡も。SLハウスは蒸気機関車を先頭に客車5両編成、客室が10室あり宿泊することができる。
リンク  滑川市  

富山市 富山市  富山市観光協会  富山観光遊覧船(松川遊覧) 富山県立近代美術館  富山県水墨美術館
富山市科学文化センター   富山市天文台  富山市郷土博物館  隠し文学館 花ざかりの森
富山市ファミリーパーク  薬種商の館 金岡邸  豪農の館 内山邸  北代縄文広場  杉原神社 
富山ガラス工房  富山県埋蔵文化財センター  北代縄文広場  富山ライトレール     富山空港
<八尾> 越中八尾観光協会  おわら風の盆  八尾町おわら資料館  
      八尾化石資料館・海韻館  神通川水辺プラザ  仁歩ほたるの里農村公園       
<大山> 大山観光協会  有峰湖   <細入> 神通峡  割山森林公園・天湖森   
<婦中> 富山県中央植物園  富山県自然博物園 ねいの里
【 おわら風の盆 】 富山県富山市(旧八尾町)
坂の街に哀愁漂う音色が響く民謡行事
二百十日などの風水害を治め、五穀豊穣や繁栄を祈るため、毎年9月1日から3日にかけて唄い踊る。八尾の人々によって受け継がれ育まれてきた。通りを唄い踊りながら流す昔からの町流しでは、細い路地から聞こえる独特の節回しや三味線、太鼓、胡弓の音色が町や人々の心を包むかのよう。編笠の間から少し顔を覗かせる揃いの浴衣姿。情緒そして気品、哀調と優雅さ双方を感じる詩的な唄と踊りに魅せられる。小学校の特設ステージでは、演舞会(有料)も開催される。3日間、多くの観光客で賑わう。
リンク  おわら風の盆  富山市  富山市観光協会
【 諏訪通り 】 富山県富山市(旧八尾町)
越中八尾の風情ある町並とゆるやかな坂道
越中八尾は坂の町、丘の上に形成された歴史香る町並。格子戸や土蔵のある民家や諏訪社、専能寺などが残る。9月1日から3日かけて行われる「おわら風の盆」では、おわら踊りが映える町並みとして人気が高い。日本の道百選。
リンク  富山市  富山市観光協会
【 有峰湖 】 富山県大山町
原生林に囲まれ北アルプスを望む人工湖
高さ140mの重力式ダムによってつくられた人工湖。その景観は自然湖にも勝る程、美しい。湖の周辺には青少年の家や有峰記念館、ビジターセンター、キャンプ場、探勝路、湖畔の有峰ふるさと自然公園などがある。飛越高原天の夕顔の道は絶好のドライブコース。
リンク  ありみネット  大山町観光協会  富山市  富山市観光協会
【 神通峡 】 富山県富山市(旧大沢野町・旧細入村)
北アルプスが源の神通川が形成した渓谷。富山平野に流れてる手前の山間で、男性的な渓谷だが現在は大半がダム湖。国道41号が平行している。庵谷峠(イオリダニトウゲ)の展望台からは渓谷を見下ろせ、富山平野まで視界が広がる。5つの滝がかかる常虹の滝などの見どころも。神峡橋から見える猪谷の背斜・向斜は国の天然記念物。
リンク  神通峡  富山市  富山市観光協会
【 常虹の滝 】とこにじのたき 富山県富山市(旧細入村)
神通川の支流・猪谷川にかかる大小5つの滝群。蛇歯見の滝、2筋の夫婦滝、大滝(不動滝)、五色の滝。天気に恵まれると、朝方に名の由来となった虹がかかる。5〜8月には早瀬亭で流しそうめんを味わえる。また、滝入口には、猪谷川河川敷キャンプ場が整備されている。国道41号線沿いに道標があり、駐車場からは徒歩数分。
リンク  富山市  富山市観光協会
【 富山県中央植物園 】 富山県富山市(旧婦中町)
世界の珍しい植物を観賞でき室内外共に充実。約25haの広大な丘陵地に、国内外の5千種類以上の植物を展示されている。園内は大きく世界の植物ゾーンと日本の植物ゾーンに分かれ、中央を花のプロムナード(桜並木)が続く。熱帯雨林植物室やラン温室、熱帯果樹室、高山植物室、雲南温室などの施設や、雨池を中心に各種の森が広がり渓流や湿地の植物も。植物を観察しながら散策を楽しめる。
リンク  富山県中央植物園  富山市  富山市観光協会
【 松川 】 富山県富山市
富山市街の中心地を東西に流れる。今は小さな川だが、かつての神通川川筋を今に伝えている。春は川の両側を見事な桜の花がつつみ、多くの人が訪れる。遊覧船が出ており、編笠姿の船頭が漕ぐ笹舟に乗ると、川面からの風情はまた格別。舟遊び気分が味わえる。松川七橋めぐりと滝廉太郎記念館めぐりの2コースで、予約制。花見期間中は予約なしでも乗船可。乗り場は城址公園内の松川茶屋。
リンク  富山観光遊覧船  富山市  富山市観光協会
【 富山城 】 富山県富山市
1532(天文元)年に水越勝重によって築かれた。かつては浮城とも呼ばれ五層の天守閣があった。石垣などには当時の威容を感じられる。天守閣内部は富山市郷土博物館で、古文書や美術工芸品、郷土出身の美術作品などが展示されている。城址公園として整備され、茶道や古美術などが見られる佐藤記念美術館もある。
リンク  富山市  富山市観光協会
【 池田屋安兵衛商店 】 富山県富山市
富山市街地・中央通りにあり、越中売薬の起源となった老舗。1690(元禄3)年に富山藩主が江戸城に参勤時に、腹痛の三春城主に勧めた薬で治ったことが始まり。胃腸薬「越中反魂丹」が看板に掲げられ、今でも店内では座売りで薬が売られている。また、2階の「薬都」では、薬膳料理やハーブティー、野草アイスクリームなどを味わえる。
リンク  池田屋安兵衛商店  富山市  富山市観光協会
【 富山地鉄軌道線 】 富山県富山市
富山地方鉄道富山市内軌道線。富山市電と呼ばれることが多い。1913(大正2)年の開業。JR富山駅前を経由し、南富山駅前と富山大学を結ぶ全長6.4km。1本の路線だが、正式には4路線。全線を走行する列車と、南富山駅前と富山駅前で折り返す列車の2系統。本数は多く、積雪時にも運休がなくて便利。天気に恵まれると、神通川を渡る富山大橋などから北アルプスを望める。
リンク  富山地方鉄道  富山市  富山市観光協会
【 富山ライトレール 】 富山県富山市
JR富山港線を改修、2006(平成18)年開業の新しい路面電車。JR線を路面電車に移行する初の試みも注目された。富山駅北と岩瀬浜の7.6kmで、富山駅北からの約1.1kmが新設の路面部分。路線名は「富山ライトレール富山港線」。駅や交換可能駅を増やし、運行本数は日中でも15分間隔に増便された。「港」と「路面電車」を組み合わせた造語「ポートラム」が電車の愛称。連節低床式の色鮮やかな車両。
リンク  富山ライトレール  富山市  富山市観光協会

日本の旅ドットコムTOPへ   富山県TOPへ
黒部・魚津エリアへ  立山・上市エリアへ  高岡・氷見エリアへ  砺波・五箇山エリアへ