大阪エリア観光ガイド
大阪市  北区・鶴見区 中央区 浪速区・天王寺区 此花区・港区・住之江区
北摂(箕面・能勢)エリアへ  河内(枚方・東大阪・河内長野)エリアへ  泉州(堺・岸和田)エリアへ  大阪府TOPへ  日本の旅ドットコムTOPへ
   
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
大阪市@
北部
北区・鶴見区など
大阪市  大阪観光コンベンション協会   空中庭園  大阪天満宮  中央公会堂
咲くやこの花館  大阪くらしの今昔館  大蔵省造幣局  造幣局通り抜け  水上バス
大阪市立科学館  国立国際美術館  大阪市立東洋陶磁美術館  梅田ジョイポリス
うめだ花月  江崎記念館(江崎グリコ)  水道記念館  中之島バラ園 
天神祭  なにわ淀川花火大会
【 空中庭園 】 大阪府大阪市北区
地上170mに浮かぶ大都会の珍しい展望台
梅田スカイビルの展望台。2つの高層ビル39〜40階をつなぐ巨大なブリッジが空中庭園。屋内展望台や屋上空中回廊から大阪の街を360度見渡せる。15分毎に霧が噴出され雲海のようになる仕掛けも。イベントや展示会も開催される。展望台へ向かうシースルーエスカレーターは結構スリリングで、屋上空中回廊は開放感いっぱい。
リンク  空中庭園  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 天神筋商店街 】 大阪府大阪市北区
長さが約2.6kmもある日本一長いアーケード商店街。約800軒ものいろんな店舗が並び、少し懐かしい雰囲気。1丁目から9丁目まであり、6丁目は天六と呼ばれ阪急と地下鉄の相互乗り入れ駅に近く特に賑やか。東側には天満の天神さんと呼ばれる天満宮がある。商店街の端から端まで歩いた人には、記念に満歩状が発行される。
リンク  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 大阪天満宮 】 大阪府大阪市北区
天神橋筋商店街の東側にあり、学問の神様・菅原道真を祭る。平安時代中期の鎮座という歴史があるが、幾度か戦火にあい、現在の本殿は1845(弘化2)年に再建されたもの。その他、梅花殿や参集殿などの建物が並ぶ。大阪町人の信仰を集め、また受験シーズンには受験生で賑わう。東京の神田祭、京都の祇園祭と共に日本三大祭に数えられる天神祭が7月に行われる。
リンク  大阪天満宮  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 大阪くらしの今昔館 】 大阪府大阪市北区
実物大に再現された昔の町屋など
江戸から昭和にかけての大阪を学べる施設。ビルの3フロアー、10Fから8Fにある。10Fは9Fの展望フロアで、9Fはなにわ町屋の歳時記。江戸時代の風呂屋、本屋、建具屋など大阪の町並が実物大で再現され、実際に街の中に入って江戸時代の大阪を体験できる。一日の流れが光と音でも演出されている。8Fは、モダン大阪パノラマ遊覧。明治以降の大阪が立体模型などで再現されている。
リンク  大阪くらしの今昔館  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【鶴見緑地 】 大阪府大阪市鶴見区
国際花博の会場にもなった都会のオアシス
1990(平成2)年に花と緑の博覧会会場となった広大な公園。熱帯から極北圏まで地球上の約2600種の植物が生育する国内屈指の大温室・咲くやこの花館をはじめ、展望塔、花の谷、国際庭園、風車の丘、自然体験観察園、大型遊具、キャンプ場・バーベキュー場、乗馬苑など、多くの施設が揃う。
リンク  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 咲くやこの花館 】 大阪府大阪市鶴見区
約2600種の植物が栽培展示されている大温室
鶴見緑地にある総合植物館で、1990年に開催された大阪花博の大阪市パビリオンとして建設された。建物はスイレンの花がイメージされたデザイン。8つのゾーンで構成され、地球上の各気候帯に生育する植物約2600種、約1万5千株が栽培展示されている。フローラルジェンヌと館内をまわるフラワーツアーが実施されている。
リンク  咲くやこの花館  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 展望塔(いのちの塔) 】 大阪府大阪市鶴見区
鶴見緑地から大阪市街や生駒山などを一望
鶴見緑地、大阪派案博花博のパビリオンとして建設された。塔の高さは90m。エントランスプラザ、コミュニケーションプラザ、パノラマプラザの3フロアで構成されている。高さ60mのパノラマフロアからは鶴見緑地を眼下に大阪市街や生駒の山並みなどを一望できる。
リンク  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 中央公会堂 】 大阪府大阪市北区
ネオ・ルネッサンス様式の歴史的建築物
1918(大正7)年に建築された赤レンガ造の風格ある建物で、壮麗で優雅な美しさ。内部はコンサートなどが開催されるホールや会議室など。施設は改修され、舞台設備や音響設備は最新鋭。文化活動や学びの場として広く利用されている。夜はライトアップされる。国の重要文化財。
リンク  中央公会堂  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 造幣局 】 大阪府大阪市北区
1871(明治4)年開設、我が国初の貨幣鋳造所
現在も硬貨や記念硬貨などが製造されており、局内には造幣博物館も併設。和同開珎から世界のコインまで約4000点が展示されている。事前予約で工場見学も可。本館の東側には創業時の旧正門日本最古のガス燈が残されている。八重桜の並木道は開花時に開放され、通り抜け桜として多くの花見客で賑わう。
リンク  造幣局  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 造幣局通り抜け 】 大阪府大阪市北区
約400本の桜の期間1週間のみ公開される
造幣局南門から北門まで約560mが桜のトンネルに。普段は一般公開されない場所だが、4月中旬の1週間だけ公開される。南門からの一方通行のため「通り抜け」の名がある。桜はサトザクラが中心だが、オオテマリ、コデマリといった他所では見られなくなった品種も。それぞれの木にはネームプレートが付けられている。
リンク  造幣局  大阪市  大阪観光コンベンション協会

大阪市A
中央
中央区など
大阪市  大阪観光コンベンション協会   大阪城天守閣  大阪歴史博物館
適塾・緒方洪庵旧宅  道頓堀  法善寺  黒門市場  大阪シティエアターミナルOCAT
大阪科学技術館  上方浮世絵館  藤田美術館  湯木美術館  大阪府立上方演芸資料館
大阪企業家ミュージアム  パナソニックセンター大阪  京セラドーム大阪(大阪ドーム)
なんばグランド花月  吉本笑店街  ピースおおさか  難波玉造資料館
【 大阪城 】 大阪府大阪市中央区
豊臣秀吉によって築かれた当時最大規模の城郭
完成当時は総面積100万坪を誇り、秀吉の力の象徴だったが、大阪夏の陣で焼失。その後、修復や焼失があり、現在の天守閣は1931(昭和6)年に再建された。白壁と金箔が美しい。内部は2階から7階が歴史博物館となっている。
リンク  大阪城  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 水上バス 】 大阪府大阪市中央区他
大阪中心街の風景を川面から楽しめる
アクアライナーやひまわりなどの水上バスが運行されている。アクアライナーは大阪城港、天満橋港、淀屋橋港、OAP港から乗船でき、水の都・大阪の中心を流れる大川を遊覧。数々の橋をくぐり約10kmを約1時間かけて周遊。中之島公園や桜之宮公園、大阪城など、船から見る大阪の街はとても新鮮。
リンク  水上バス  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 大阪歴史博物館 】 大阪府大阪市中央区
大阪の歩みを原寸大模型などで体験できる
NHK大阪新放送会館との複合施設。体験する歴史空間がテーマで、7〜10階の4フロアーは各時代ごとに設定され、その時代を代表する原寸大に再現された建物や映像などで、わかりやすく歴史を学べる。この敷地は約1350年前に難波長柄豊碕宮が置かれていた場所で、地下フロアで実際の難波宮の遺跡を見られる。大阪城に近く、窓からは大阪城や難波宮を望める。
リンク  大阪歴史博物館  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 適塾・緒方洪庵旧宅 】 大阪府大阪市中央区
幕末の蘭学者・緒方洪庵が開いた学塾跡。福沢諭吉や大村益次郎など多くの先覚者を輩出。明治になり教育制度の整備で発展解消するが、現在の大阪大学の礎となった。オフィスビルがひしめく一角に、細い格子が印象的な町家風の建物が残っている。1階は家族の部屋など、2階は塾生が寝泊まりした部屋などとして利用されていた。国の史跡・重要文化財。
リンク  適塾・緒方洪庵旧宅  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 アメリカ村 】 大阪府大阪市中央区
御堂筋の西側、アメリカライクなヤングファッション店や雑貨店など数々のショップが集まっている。ショーウィンドウなど流行に敏感、大きな壁画や自由の女神像など街の表情が豊か。1970年代初めに古着屋がアメリカ直輸入の店を始めたのがきっかけで、商品のセレクトが若者に評判となっていった。
リンク  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 道頓堀 】 大阪府大阪市中央区
道頓堀川一帯に広がる大阪ミナミの繁華街
1615(慶長20)年に安井道頓によって築かれた堀で、名前もこれに由来する。江戸時代には南側で五座が並ぶ芝居町となった。現在も中座が残り、道頓堀周辺は大阪を代表する繁華街。川の両側ぎっしりとビルが建ち並び、川面にネオンが映し出される。飲食店の楽しいオブジェでも知られ、「食いだおれの街・大阪」の象徴にもなっている。
リンク  道頓堀  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 法善寺 】 大阪府大阪市中央区
法善寺横町の中心、浄土宗天龍山法善寺。境内には水かけ不動さんの名で親しまれている不動明王と金毘羅堂が立つ。不動明王は、商売繁盛や恋愛成就などに御利益があるとされ参拝者が多く、香煙が絶えない。参拝者にかけられる水で苔むしている。法善寺横町は法善寺境内の露店から発展したもので、石畳の路地に昔ながらの店が軒を連ねる。織田作之助の「夫婦善哉」で広く知られるようになった。
リンク  法善寺  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 黒門市場 】 大阪府大阪市中央区
日本橋の北東。ナニワの台所と呼ばれるアーケードの商店街で、総延長は約580m。鮮魚をはじめ野菜や肉など食料品の店が多い。店舗数は約150軒。早朝は料理人たちが食材の仕入れに、昼頃からは主婦などで賑わう。市場の名の由来は、明治末期まで近くにあった圓明寺山門が黒い門だったところから。
リンク  黒門市場  大阪市  大阪観光コンベンション協会

大阪市B
南部

浪速区

天王寺区など
大阪市  大阪観光コンベンション協会  住吉大社  四天王寺
通天閣  新世界  でんでんタウン  なんばパークス  大阪市立自然史博物館
大阪市立美術館  天王寺動物園  今宮戎神社  大阪人権博物館
<日帰り湯> スパワールド 世界の大温泉  you、ゆー  くつろぎの郷 湯楽  
【 四天王寺 】 大阪府大阪市天王寺区
聖徳太子が建立した日本最初の官寺
593(推古天皇元)年に建立され約1400年の歴史がある。中門、五重塔、金堂、講堂が一直線に並ぶ四天王寺式の伽藍を中心に数多くの堂宇が立ち、境内は史跡に指定されている。1294年(永仁2)年に木造から改めた石の鳥居は重要文化財。1月14日には、ふんどし姿の若者が護符を奪い合う「どやどや」が行われる。
リンク  四天王寺  大阪市  大阪観光コンベンション協会 
【 通天閣 】 大阪府大阪市浪速区
エッフェル塔と凱旋門を模した大阪のシンボル
当初は1912(明治45)年に造られ、高さ74m、東洋一だった。戦争でなくなったが、周辺商店街の人達の努力により1956(昭和31)年に高さ103mの塔として再建された。当時の塔としては民間主導で造られた唯一のもので、塔併設の展望台としては日本一の高さだった。足下の新世界や天王寺公園、大阪市中まで広く見渡せる。合格と良縁の神様であるビリケン様で知られる。
リンク  通天閣  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 新世界 】 大阪府大阪市浪速区
通天閣を中心に広がる下町情緒あふれる盛り場。1903(明治36)年に開催された勧業博覧会跡地の西半分が新世界と称されたのが起源。その後、遊園地ルナパークやパリのエッフェル塔を模した通天閣が誕生し大衆娯楽場として栄えた。ジャンジャン横町と呼ばれる一画には、最近人気上昇中の串カツなどの食堂や映画館、劇場などがひしめく。ノスタルジックを感じる気取りのない町として親しまれている。
リンク  新世界  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 でんでんタウン 】 大阪府大阪市浪速区
秀吉の時代から紀州街道の玄関として、戦前は古本屋街として栄えた。現在は国内屈指の電化製品店街。家電製品はもちろん、パソコンやOA機器、照明器具などの専門店がビルとなって並んでいる。大きな総合店はもちろん、各ジャンル毎の専門店が多いのも魅力。
リンク  でんでんタウン  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 鶴橋高麗市場(国際マーケット) 】 大阪府大阪市天王寺区
韓国の食材や雑貨などコリアンムード満点。JR・近鉄鶴橋駅のガード下と東側。入り組んだ迷路のような細い路地に沿って本場韓国の食材や雑貨、焼肉店などが並ぶ。トンポの台所とも呼ばれる。戦後に廃墟となったこの界隈で開かれた在日コリアンが中心となった自由市場(闇市)が起こり。キムチやチヂミをはじめ、肉や魚、野菜など一般の店では見かけない食材が多く値段も安い。年末などは特に活気がある。
リンク  鶴橋市場  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 阪堺電軌 】 大阪府大阪市浪速区
大阪に唯一残っている路面電車。専用軌道も多く、路面部分は一部。恵美須町と浜寺駅前を結ぶ「阪堺線」14.1kmと、天王寺駅前と住吉公園を結ぶ「上町線」4.6kmの2路線。住吉駅ではこの2路線が十字型に交わっている。沿線には、通天閣・新世界や住吉大社、住吉公園、天神ノ森天満宮、妙国寺、浜寺公園など、スポットも多い。阪堺線の大和川橋梁は1911(明治44)年築。情緒ある風景が多く、車窓風景も楽しめる。
リンク  阪堺電軌  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 住吉大社 】 大阪府大阪市住吉区
丸い太鼓橋で知られる住吉神社の総本宮
近畿でも有数の古い神社で、「すみよっさん」と呼ばれ親しまれている。古くから摂津国一ノ宮として信仰され、船舶の守護神として崇敬を集めてきた。池に架かる反橋は通称・太鼓橋と呼ばれ、現在の橋は秀吉の寄進として知られる。1808(文化5)年に改築された住吉造と呼ばれる本殿4棟は国宝、大海神社や石舞台、南門、楽所が国の重要文化財。御田植神事や夏越祓神事など、昔からの儀式が継承され、初辰まいりなどでも賑わう。住吉さまを祀る神社は全国で約2000社。
リンク  住吉大社  大阪市  大阪観光コンベンション協会

大阪市C 大阪市 大阪観光コンベンション協会  ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM  
此花区・港区 海遊館  WTCコスモタワー  海の時空館  大阪南港ATC
住之江区 サントリーミュージアム天保山  舞洲スポーツアイランド  ミズノスポートロジーギャラリー 
エル・シティ・ナンコウ(関西電力)  舞洲陶芸館    
【 海遊館 】 大阪府大阪市港区
大きなジンベイザメも泳ぐ世界有数の水族館
天保山にあり、総水量が1万1000トンで世界的規模。赤と青の目立つ外観。環太平洋火山帯から10の地域が15の水槽で表現され、約580種類、3万9000もの生物が展示されている。順路は建物の上から少しずつ下へ降りていく。従って、同じ水槽でも水面、海中、そして海底と違った様子がわかるよう工夫されている。水量5400トンの巨大な太平洋水槽には、全長5m近いジンベエザメが泳ぐ。
リンク  海遊館  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 天保山の渡し船 】 大阪府大阪市此花区・港区
水の都・大阪に8ヶ所残る渡し船のひとつ。安治川河口を渡って天保山と桜島、約400mを結ぶ。ユニバーサルスタジオ、海遊館など両側に観光スポットがあり、観光客でも訪れやすい。背景となる近代的なビル群などとは対照的にレトロな面影が味わえる。乗船は無料で自転車もOK、船内はイスなどがなく立ったままで乗船する。海に近く大型船も通るため揺れることも。日中は30分おきに運行、所要約3分。
リンク  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 交通科学博物館 】 大阪府大阪市此花区・港区
模型鉄道や実物車両など鉄道に親しめる
JR環状線の弁天町駅前。JRの高架下を利用した7室や展示室、図書室などと屋外展示場で構成されている。鉄道の歴史やしくみ、鉄道の施設などを楽しみながら学べる。模型鉄道パノラマ室ではブルートレインや新幹線などミニチュア鉄道が走行する運転ショーが人気。屋外展示では、明治から昭和にかけてのSLや寝台車などの車両が展示され、「ブルートレイン」食堂車を利用したレストランも。
リンク  交通科学博物館  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 WTCコスモタワー 】 大阪府大阪市住之江区
西日本一の高さを誇る大阪港のランドマーク
大阪港にそびえる地上256mの高層ビル、マリンブルーの外観が印象的。高さ21mの吹き抜け大アトリウム空間「フェスパ」がウエルカムゲート。シースルーエレベーターと長さ42mのエスカレーターで最上階の展望台「TOP OF THE BAY」へ。360度のガラス張りで大阪港や大阪湾、大阪市街地などを一望。夜景は特に素晴らしい。1・2Fと46〜52Fにはレストラン街がある。
リンク  WTCコスモタワー  大阪市  大阪観光コンベンション協会
【 海の時空館 】 大阪府大阪市住之江区
海に浮かんだようなガラスドームが印象的
エントランス棟のエレベーターで下り、長さ60mの幻想的な海底トンネル・海中道をくぐって入館。その展示棟は4フロアーで構成され、中央には実物大に復元された長さ30mの菱垣廻船が展示されている。海がつなぐ世界の文化や、江戸時代の大坂みなと、和船の歴史と菱垣廻船などの展示や3Dスーパーバーチャルシアターの「海の映像館」やシミュレーターシアターの「海の冒険館」などの設備もある。
リンク  海の時空館  大阪市  大阪観光コンベンション協会

日本の旅ドットコムTOPへ   大阪府TOPへ
北摂(箕面・能勢)エリアへ  河内(枚方・東大阪・河内長野)エリアへ  泉州(堺・岸和田)エリアへ