新見・高梁エリア
真庭市  新庄村  新見市  吉備中央町  高梁市
津山・美作エリア  備前・赤磐エリア   岡山・瀬戸内エリア  倉敷・総社エリア  岡山県TOP  日本の旅ドットコムTOP
   

真庭市 真庭市  真庭市観光協会  蒜山観光協会   蒜山高原     
蒜山ハーブガーデン  備中鍾乳穴  ヒルゼン高原センター
津黒いきものふれあいの里  下湯原温泉ひまわり館(日帰り湯)
【 蒜山高原 】 岡山県真庭市(旧川上村)
蒜山三座の裾野に広がる西の軽井沢
岡山・鳥取県境に沿って連なる上蒜山、中蒜山、下蒜山の蒜山三座の裾野。東西14km、南北5.5kmにわたって広がる高原。三木ヶ原が高原のメインで、蒜山三座や大山を望む高原にジャージー牛が放牧されている。蒜山ハーブガーデンや蒜山ジャージーランド、ヒルゼン高原センター、国民休暇村、キャンプ場、スキー場など多くのレジャー施設が集まり、西の軽井沢とも呼ばれている。ジャージー牛の乳製品が人気。
リンク  蒜山高原  真庭市 
【 蒜山ハーブガーデン 】 岡山県真庭市(旧川上村)
雄大な風景の中で栽培されるラベンダーなど
蒜山高原を一望できる2.5haの敷地に、約250種のハーブが栽培されている。7月上旬には2万株のラベンダーが咲く。香りの館の工房ではハーブを使用した制作を体験でき、レストランではハーブを使用した料理を味わえる。また、蒜山高原に自生する山菜が集められた山菜園やアジサイ園なども。
リンク  蒜山ハーブガーデン  真庭市  
【 塩釜の冷泉 】 岡山県真庭市(旧八束村)
蒜山高原の一角、中蒜山の谷間に湧く。湧水地は東西12m、南北5mの泉で、数ヶ所から砂を撒き上げて噴出しており、とても清らかな水。湧水量は毎分300リットルと豊富で、周辺集落の生活用水や農業用水、養魚場の水としても利用されている。冷泉入口にはロッジやキャンプ場、茅葺民家、石彫広場などが点在する。
リンク  真庭市  
【 湯原温泉 】 岡山県真庭市(旧湯原町)
山に囲まれた渓流沿いのいで湯で、美作三湯のひとつ。古くから大山信仰の往来でも賑わった。全国露天風呂番付で西の横綱に選ばれるほどで、岩の間から湯が湧く露天風呂が名物。湯原ダムすぐ下流の露天風呂・砂湯などは野趣あふれる。湯原温泉及び下湯原・真賀・足・郷縁の各温泉を併せて湯原温泉郷と呼ばれる。泉質はアルカリ性単純泉。効能は、胃腸炎・神経痛・皮膚炎など。
リンク  真庭市  
【 神庭の滝 】かんばのたき 岡山県真庭市(旧勝山町)
高さ110mの規模がある西日本屈指の名瀑
高さ110m、幅20mもの大きな滝で、水量も多く豪快。深い山々の中で、周辺の森や渓谷も美しい。雨垂れのように水が流れる玉だれの滝や奥行き約20mの洞窟・鬼の穴などもある。また、周辺には約200匹の野猿が生息、観光客の前にも出てくる。国の名勝、日本の滝百選。
リンク  真庭市  
【 醍醐桜 】 岡山県真庭市(旧落合町)
のどかな山里にそびえ立つ西日本屈指の桜巨木
樹高18m、幹周7.6m、推定樹齢は700年とも1000年とも。種類はアズマヒガン。1332(元弘2)年に後醍醐天皇が隠岐配流の際、この桜を見て賞賛したのが名の由来とされる。大きな木全体に花が咲くと確かに見事で一見の価値あり。人出が多いとかなりの渋滞も。見頃は4月上中旬頃。日本名木百選。
リンク  真庭市  
【 備中鍾乳穴 】 岡山県真庭市(旧北房町)
平安時代の昔から都にまで知られた国内最古の鍾乳洞。吉備高原北端のカルスト台地にあり、約300mが公開されている。鍾乳洞の入口はカルスト地形特有のばれるすり鉢状の窪地・ドリーネの底にあたり、駐車場から約200m。洞内には大広間「夢の宮殿」をはじめ、日本一と言われる高さ3m、直径5mの大石筍「洞内富士」、22階層からなる「五重の塔」などの見どころがある。
リンク  備中鍾乳穴  真庭市  

新庄村 新庄村  
【 がいせん桜通り 】 岡山県新庄村
町並みと水路、桜の古木が調和する宿場町
出雲街道の宿場町として栄えた新庄宿本陣脇本陣などの建物が残る情緒豊かな町並み。そして、町並みの街道両側には日露戦争勝利を記念して植えたがいせん桜の並木が続く。約500mに137本、ソメイヨシノの古木。その下には江戸時代築の水路に水が流れ心地よい音を響かせ鯉が泳いでいる。桜の見頃は4月中旬で、この時期には新庄がいせん桜祭りが開催される。がいせん桜通りのせせらぎは、残したい音風景百選。
リンク  新庄村  

新見市 新見市   井倉洞   新見美術館  
新見千屋温泉 いぶきの里(日帰り湯)
【 井倉洞 】 岡山県新見市
落差50mの地底滝が轟く全長1200mの鍾乳洞
阿哲台地の石灰岩地帯に形成された鍾乳洞。約240mもの断崖が続く井倉峡にあり、入口横には断崖から井倉の滝が落ちている。洞内の見学路は約1200mあり、様々な形をした鍾乳石や石筍が見事。コースの中間で洞内に轟音を響かせている地軸の滝は落差50mで、国内の地底滝では最大の落差。ここからバイパストンネルで出口へ向かうこともできる。
リンク  井倉洞  新見市  
【 井倉峡 】 岡山県新見市
カルスト台地が深く刻まれた断崖の続く渓谷
古くは阿哲峡と呼ばれた。阿哲台地が高梁川によって刻まれ、高さ240mもの石灰岩の絶壁も見られる。この絶壁の下に井倉洞の入口があり、滝が落ちている。
リンク  新見市  
【 羅生門 】らしょうもん 岡山県新見市
カルスト台地に形成された高さ40mの天然橋
標高400m前後の草間カルスト台地にある。太古の時代に大洞窟陥没によって形成された石灰岩の巨大アーチ。4つの天然橋はその下を通ることができる。付近には、チョウジガマズミやヤマトレンギョウなどの石灰岩植物が見られる。7月初旬にはドリーネ内外でヒメボタルが見られる。
リンク  新見市  
【 満奇洞 】まきどう 岡山県新見市
鍾乳石群が実に見事な天下の奇勝
全長約450mの洞内は洞穴博物館とも呼ばれている程あらゆる要素を備え、洞内に形成されるいろいろな鍾乳石を見ることができる。与謝野鉄幹・晶子夫妻が奇に満ちた洞と賞賛して命名された。これほど変化に富む鍾乳洞は世界でも稀で、ライトアップされた幻想的な光景に惹かれる。
リンク  新見市  
【 鯉ヶ窪湿原 】 岡山県新見市
西の尾瀬ともいわれる西日本屈指の湿原
岡山県の北西端に位置し、標高は550m。オグラセンノウやミコシギク、ビッチュウフウロなど200種を越す貴重な湿原植物が自生している。入口には駐車場や管理棟があり、溜め池畔を奥に進むと湿原が点在。周囲には約2.3kmの遊歩道が整備され、湿原の自然をじっくりと観察できる。花の見頃は5月上旬〜6月中旬。国の天然記念物。
リンク  新見市 

吉備中央町 吉備中央町  吉備中央町観光協会   吉備高原ニューサイエンス館   
高梁市 高梁市  高梁市観光協会  備中松山城  成羽愛宕花火  成羽町美術館  西江邸 
塩田焼工房(陶芸体験)
【 祢高山 】 岡山県高梁市他
幾重にも重なる山並みを360度見渡す絶景
吉備高原の西、広島県境に位置し標高は654m。弥高山山頂の展望台からは360度の眺望。幾重にも重なる周辺の山々がとても美しく、遠くは瀬戸内海や四国まで見える日もある。春から夏にかけては10万本のツツジが咲く。秋から冬にかけては雲海が見られる日が多くなる。山名は、弥高いという意味。
リンク  高梁市  高梁市観光協会
【 備中松山城 】 岡山県高梁市
標高480mの臥牛山頂、日本一の高所にある城
1683(天和3)年に築城、現存する山城としては日本一高所にある。三重二層の天守閣と二重隅櫓、土塀の一部が当時から残り、近世山城として貴重な遺構。1997(平成9)年に本丸の五の平櫓、六の平櫓などが復元され、2003(平成15)年には天守閣と石垣が改修された。天守閣は国の重要文化財。
リンク  備中松山城  高梁市  高梁市観光協会
【 高梁紺屋川 】 岡山県高梁市
高梁の城下町で川沿いに続く風情ある町並
高梁川の小さな支流・紺屋川は元は松山城の外掘り。紺屋川沿いに続く桜と柳が美しく、県内最古の教会である高梁キリスト教教会豪商の館、風情ある町屋や蔵など歴史的な建物が続く。美観地区に指定されている。日本の道100選。
リンク  高梁市  高梁市観光協会
【 吹屋ふるさと村 】 岡山県高梁市(旧成羽町)
ベンガラの町並が印象的な吉備高原の鉱山町
山々に囲まれた標高約500mの街道沿い。江戸から明治時代にかけて銅山とベンガラの生産で栄えた。商家の主屋や蔵などが続き、赤褐色の石州瓦や赤いベンガラ壁、白漆喰壁などが印象的。広兼邸や西江邸が公開され、郷土館やベンガラ陶芸館などの施設も。「八つ墓村」など多くの映画ロケ地になった。国の重要伝統的建造物群保存地区。
リンク  高梁市  高梁市観光協会
【 成羽愛宕花火 】 岡山県高梁市(旧成羽町)
情緒豊かな山間に続く伝統奉納花火
岡山県の中西部、成羽の成羽川河川敷で開催される。江戸時代より300年以上に渡って続く伝統花火。手づくりの奉納花火で、特徴ある仕掛花火は流星奉行に受け継がれてきた。打ち上げもあり、轟音が山間に響く。成羽は歴史を感じる陣屋町で町並は風情がある。素朴な雰囲気の中、仕掛けが成羽川の川面に映り情緒豊か。開催は7月下旬。
リンク  成羽愛宕花火  高梁市  高梁市観光協会

日本の旅ドットコムTOPへ   岡山県TOPへ
津山・美作エリアへ  備前・赤磐エリアへ  岡山・瀬戸内エリアへ  倉敷・総社エリアへ