スマホ向けサイトこちら 全国 >> 関東地方 >> 神奈川県 >> 小田原・箱根エリア
小田原・箱根エリアおでかけ観光ガイド  神奈川県
小田原市

小田原城
天守閣がそびえ石垣と堀に囲まれた公園
 戦国時代の北条早雲の構えた城で、最盛時は外郭が東西3km、南北2.2kmにもおよんだ。江戸中期以降の天守閣や常盤木門、隅櫓等が復元された。天守閣の中は、北条5代や民族などの資料が展示され、4階は展望台。箱根方面の山々や真鶴、伊豆まで眺望できる。園内には、本丸の正面門常盤木門や隅櫓、銅門のほか、遊園地や動物園などが点在。また、桜シーズンは花見で賑わう。
小田原城(小田原市HP)
報徳二宮神社
強度の偉人・二宮尊徳を祀る
 小田原城址公園内二の丸にあり、小田原出身で農村復興をはじめ生涯を世の中のために捧げた偉人・二宮尊徳が祀られている。尊徳の教えを慕う人々の総意で1894(明治27)年に創建された。報徳会館やレストラン、カフェ、写真館などの施設が並ぶ。そして、尊徳の資料や遺品が展示された報徳博物館が道の反対側にある。
報徳二宮神社HP

曽我梅林
富士山を背景に約3万5千の梅林
 中河原梅林原梅林別所梅林の3つの梅林がJR御殿場線近くに並ぶ。合わせて約3万5千本のスケール。開花期には小田原梅祭りが開催され、流鏑馬など様々なイベントや梅の加工品など特産品の販売が行われる。散策コースの途中、白梅や豊後梅が咲く瑞雲寺宗我神社城前寺なども楽しみ。JR御殿場線・下曽我駅から原梅林までは徒歩約10分。見頃は2月上旬から下旬。
小田原梅まつり
曽我別所梅まつり観光協会
HP

小田原市観光協会HP


南足柄市

大雄山最乗寺
天狗伝説で知られる曹洞宗の古刹
 箱根外輪山の裾野にある。1394(応永元)年に慧明禅師によって開山された。曹洞宗で、永平寺、鶴見総持寺に次ぐ格式。仁王門より3kmの参道は樹齢450年以上の杉並木が美しい。本堂を中心に30余りの堂宇が並び荘厳な雰囲気。天狗にちなんで400kgもの大きな鉄下駄や普通の鉄下駄、天狗のうちわなどが奉納されている。参道のあじさいなど、境内では四季の花々が咲き競う。
大雄山最乗寺HP

夕日の滝
夕日に映える落差23mの滝
 金時山北麓、内川にかかる落差23mの滝。金太郎が産湯をつかった伝説が残る。滝は北向きで昼は日陰になるが、日によって名のように夕日に美しく映える。バス停から滝までは徒歩約15分。途中、金太郎の生家跡や金太郎にちなんだ巨石がある。

南足柄市観光協会HP
箱根町
箱根おでかけ観光ガイド

芦ノ湖
箱根火山のカルデラ湖
 箱根外輪山の内側、標高723mにある。天気により外輪山の向こうに富士山が見える風光明媚な湖で、箱根観光の中心地。湖畔には、箱根関所跡や箱根神社、恩賜箱根公園など見どころが非常に多い。水温は4度以下にならず凍らないため、遊覧船は通年就航。杉並木や国道1号線の道の駅、西岸の外輪山尾根を通る芦ノ湖スカイラインからの眺めもいい。
箱根 芦ノ湖遊覧船HP

箱根関所跡
入り鉄砲に出女 東海道の関所跡
 西国に対する江戸防備と治安維持のため、徳川幕府によって1619(元和5)年に設けられた。「入り鉄砲に出女」といわれ、江戸に入る鉄砲と、江戸に住む諸藩大名の奥方など女性の江戸退出に対し厳しい取締りが行われ恐れられていた。復元された御番所では、等身大の人形などで当時の関所の様子が再現されている。関所跡の入場料で近くにある箱根関所資料館も入場できる。
箱根関所HP

箱根神社
芦ノ湖畔に鎮座 関東の総鎮守
 奈良時代末期の757(天平宝字元)年に万巻上人によって創建された古社。関東の総鎮守として歴代武将の崇敬が厚かった。木造朱塗、権現造の社殿が建ち、芦ノ湖には朱塗の大鳥居が浮かぶように立つ。宝物殿には国の重要文化財・万巻上人座像をはじめ数多くの古文書、絵画、工芸品などが陳列されている。
箱根神社HP

大湧谷
赤茶けた山肌から硫気が噴出
 約4000年前、箱根火山で標高1438m神山噴火により形成された谷。いわば蒸気爆発で生じた爆裂火口の跡ともいえる。今も岩肌から硫気が立ち上ぼる。昭和初期からは箱根温泉供給会社が蒸気熱で温泉を造り、強羅や仙石原などにも給湯している。極楽茶屋脇から閻魔台までを巡る約630mの自然研究路が整備されている。また大涌谷自然科学館もある。閻魔台周辺へは大涌谷自然研究路が通じている。箱根ロープウェイの車窓からは噴煙をあげる地獄沢の光景を見ることができる。
大湧谷 黒たまご館HP

箱根町観光協会HP

箱根おでかけ観光ガイド



湯河原町
湯河原おでかけ観光ガイド

湯河原温泉
万葉集にも記された歴史の湯
 万葉集に唯一温泉として詠まれている古湯。万病に効くと知られていた。
 千歳川の谷間に温泉街が広がり、歴史の面影残る趣ある雰囲気。中心街は「温泉場」と呼ばれる。エリアによって、奥湯河原温泉、湯河原温泉、浜湯河原温泉、伊豆湯河原温泉と呼ばれる。
 日本旅館が多く、温泉街の風情が残っている。日帰り入浴施設は、町営「こごめの湯」など。万葉公園には、大型の足湯施設・独歩の湯がある。
湯河原温泉旅館協同組合HP

万葉公園
万葉集由来の象徴的スポット
 温泉街の中心にあり、文人など多くの著名人も訪れた由緒ある所。
 万葉時代の建築を模した万葉亭や万葉の中でただ一つの出湯を詠った歌碑、国木田独歩碑などがある。足湯専用の珍しい施設「独歩の湯」(有料)も人気。
 入口にある観光会館には郷土資料展示室・万葉館がある。日本の歴史公園100選。

湯河原梅林(幕山公園)
美しい景観の中で一面早春の彩り
 幕山(標高626m)の斜面に広がる広大な梅園。紅梅や白梅などが一面にわたって咲く素晴らしい景観の中、ゆっくりと鑑賞しながら散策を楽しめる。
 開花時期には「梅の宴」が開催され、賑わいを見せる。見頃は2月中旬〜3月上旬頃。

湯河原温泉観光協会HP

湯河原おでかけ観光ガイド



真鶴町

真鶴岬
真鶴半島先端 海上に三ッ石
 箱根火山が噴火した溶岩で形成された半島の先端。断崖上は原生林が茂り、突端の海上約500mには三ツ石がある。干潮時には約200mの洲が出て三ツ石とは陸続きとなり、岩まで渡ることができる。周囲は高さ20m程の絶壁が続く景勝地で、岬近くには与謝野晶子の歌碑もある。

真鶴町観光協会HP
全国 >> 関東地方 >> 神奈川県 >> 小田原・箱根エリア