札幌・日高・夕張エリア
えりも町  様以町  浦河町  新ひだか町  新冠町  平取町  日高町
むかわ町  厚真町  安平町  芦別市   夕張市
栗山町  深川市  沼田町  秩父別町  妹背牛町  北竜町  雨竜町  赤平市
滝川市  新十津川町  歌志内市  砂川市  当別町
上砂川町  奈井江町  浦臼町  月形町  新篠津村
美唄市  三笠市  岩見沢市  江別市  南幌町  長沼町  由仁町
石狩市  札幌市  北広島市  恵庭市  千歳市
苫小牧市  白老町  登別市  室蘭市
稚内・紋別・留萌エリア  網走・知床エリア  釧路・根室エリア  十勝・帯広エリア  大雪・富良野エリア
  小樽・洞爺エリア  函館・大沼エリア  北海道TOP  日本の旅ドットコムTOP
時計台北海道札幌市中央区 襟裳岬北海道えりも町 北竜町のひまわり北海道北竜町 地獄谷北海道登別市
えりも町 えりも町  
襟裳岬北海道えりも町
【 襟裳岬 】 北海道えりも町
長い岩礁と荒波、ぐるりと広がる水平線
日高山脈南端が太平洋に鋭く突き出した岬。アイヌ語では突き出した頭を意味する。岬の先端は高さ60mの断崖、そこからさらに海中に長い岩礁が続く。段丘上の草原には白い襟裳燈台が立ち、襟裳岬風の館もある。日本屈指の強風地帯で、岩礁に荒波が打ち寄せダイナミック。夏は霧の発生で風景を楽しめない日も多い。岬付近に約300頭生息するゼニガタアザラシの姿が見えることも。
リンク  えりも町
襟裳岬の花畑北海道えりも町
【 襟裳岬の花畑 】 北海道えりも町
襟裳岬周辺では色鮮やかな花が咲き競う。春、まずはハクサンチドリやミヤマアズマギクが咲き、ヒメイズイ、ハナナス、マイズルソウが続く。そして、6月になると岬いっぱいに黄色いエゾカンゾウの群落。7月以降はエゾヤマゼンコをはじめ、ツリガネニンジン、エゾルリトラノオ、マツムシソウなどの紫の花が多くなる。
リンク  えりも町
黄金道路北海道えりも町 他
【 黄金道路 】 北海道えりも町 他
断崖の海岸風景が続く約33kmのドライブコース
国道336号線の広尾から庶野間、約33kmの海岸道路。険しい地形のため難工事となり、黄金を敷きつめるほどの建設費がかかったことが名の由来。襟裳岬と帯広方面を結ぶ重要なルート。切り立った断崖が海に迫る海岸風景の中、爽快なドライブを楽しむことができる。
リンク  えりも町

様以町 様似町 アポイ岳高山植物群落 
アポイ岳高山植物群落北海道様以町
【 アポイ岳高山植物群落 】 北海道様以町
固有種が豊富な特別天然記念物の山
ヒダカソウやエゾコウゾリナなどここでしか見られない固有種を含め約80種類の高山植物を楽しむことができる。アポイ山麓公園から山頂まで、徒歩で往復4時間半程。メインは馬の背のお花畑。アポイタチツポスミレ、アポイカラマツ、アポイゼキショウ、サマニユキワリなどの珍種がみられる。また山頂の北側には吉田岳のお花畑、南側にはヒダカソウが多い帆満のお花畑がある。見頃の5月上旬から6月下旬は高山植物が咲き乱れる。国の特別天然記念物。
リンク  アポイ岳高山植物群落  様似町   

浦河町 浦河町  
新ひだか町 新ひだか町   二十間道路の桜並木   静内町郷土館
二十間道路の桜並木北海道新ひだか町(旧静内町)
【 二十間道路の桜並木 】 北海道新ひだか町(旧静内町)
約7kmもの並木が続く道内屈指の桜名所
約1万本もの桜があるといわれる。1916年(大正5年)から3年間にわたって、近くの山からエゾヤマザクラなどが移植された。道路の幅が36m(二十間)のため、こう名付けられた。秋にはコスモスが見られる。花の見頃となる5月上旬には「しずない桜まつり」が開催され花見客で賑わう。北海道遺産、日本の道百選、日本のさくら名所百選。
リンク  二十間道路の桜並木   新ひだか町

新冠町 新冠町  新冠町レ・コード館  新冠温泉 レ・コードの湯(日帰り湯)
平取町 平取町   平取町立二風谷アイヌ文化博物館   
日高町 日高町   日高山脈館
むかわ町 むかわ町
【 鵡川たんぽぽ公園 】 北海道むかわ町(旧鵡川町)
鵡川市街の東側を流れる鵜川の河川敷約6haにわたって群生、日本一といわれるたんぽぽの花園。自由に出入りでき、花がいっぱい咲く中で寝転がることもできる。5月下旬にたんぽぽフェスティバルが開催され、直径5mの大鍋でつくる豚汁ふるまい(無料)やしゃも太鼓、連凧などのイベントが実施される。見頃は5月下旬頃。また、対岸には鵡川名産にちなんだシシャモパークが整備されている。
リンク  むかわ町

厚真町 厚真町   こぶしの湯あつま(日帰り湯)
安平町 安平町   ぬくもりセンター(ぬくもりの湯)(日帰り湯)
芦別市 芦別市   カナディアンワールド公園
夕張市 夕張市  ゆうばり観光協会  
【 幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば 】 北海道北竜町
数々の賞を受賞した山田洋次監督の映画「幸福の黄色いハンカチ」のロケ地で、ラストシーンに出てくる煙突長屋の炭鉱住宅と数多くの黄色いハンカチが今も残されている。家の中は映画に関する展示があり、映画に登場した赤い車(ファミリア)や映画の資料、撮影に使用された小道具などを見ることができる。
リンク  夕張市  ゆうばり観光協会

栗山町 栗山町  王子製紙森林博物館  
深川市 深川市 
沼田町 沼田町  沼田町化石館 
秩父別町 秩父別町 
妹背牛町 妹背牛町
北竜町 北竜町  
北竜町のひまわり北海道北竜町
【 北竜町のひまわり 】ほくりゅうちょう 北海道北竜町
ひまわりの黄色い大輪が見渡す限りに輝く
北竜町のひまわり栽培面積は日本一。ひまわりに適した東向きのなだらかな丘陵などで約100haも町全体で作付けされている。開花時期は例年7月下旬から8月上旬。8月上旬にはひまわり祭が開催され、イベント、特産物販売、そして北竜音頭に盆踊りと盛り上がる。また、ひまわりの里では「ひまわりジャンボ迷路」や「世界のひまわりコーナー」が設けられる。
リンク  北竜町

雨竜町  雨竜町 
雨竜沼湿原北海道雨竜町
【 雨竜沼湿原 】うりゅうぬましつげん 北海道雨竜町
北海道の尾瀬と呼ばれる規模の大きな高層湿原
標高約850mに広がる東西約4km、南北約2kmの高層湿原。正面に暑寒別、左には南暑寒別など周囲の山岳も美しい。湿原には大小100を越える地塘が散在。スゲ類を中心に、ミズバショウ、ワタスゲ、エゾカンゾウなどの湿性植物や動物の宝庫。エゾアオガエルなど固有種や、暑寒別の雪が解けた頃に飛び交う珍蝶・キアゲハも。南暑寒荘から湿原への途中には、高さ36mの白竜ノ滝や溶岩怪石の露出層などが見られる。北海道遺産。
リンク  雨竜町

赤平市 赤平市 
滝川市 滝川市   たきかわ観光協会
新十津川町 新十津川町 
歌志内市 歌志内市 
砂川市 砂川市  砂川観光協会   北海道子どもの国
当別町 当別町 
上砂川町 上砂川町 
奈井江町 奈井江町 
浦臼町 浦臼町 
月形町 月形町 
新篠津村 新篠津村 
美唄市 美唄市   宮島沼 
宮島沼北海道美唄市
【 宮島沼 】 北海道美唄市
マガンをはじめ国内有数の水鳥渡来地
美唄市の西端で石狩川の近く。広さ約30haと小さい沼だが、越冬地に向かう水鳥が集まる貴重な中継地。特に日本で越冬するマガンのほとんどがここを中継するといわれ、10月をピークに9月末から11月初旬にかけて5万羽を超え、帰りも一部が飛来する。また、絶滅危惧種を含め多くの生物が生息している。ラムサール条約登録湿地。
リンク 宮島沼   美唄市

三笠市 三笠市 
岩見沢市 岩見沢市  北海道グリーンランド  岩見沢松島正幸記念館  岩見沢郷土科学館
江別市 江別市  江別観光協会   野幌森林公園自然ふれあい交流館 
【 野幌森林公園 】 北海道江別市他
世界のハーブや草花が咲き競う英国風ガーデン
風薫る英国風庭園がテーマの、丘陵地に広がるハーブと緑のガーデン。約14haの敷地は、20万株のクロッカスが咲く芝生広場を中心に、スペシャルハーブガーデンやローズガーデンなど13エリアで構成されている。英国の伝統的なノットガーデンや園路の両端に花が咲くボーダーガーデンなども。センターハウスのレストランやカフェテリアでハーブ料理やハーブティーを楽しめる。
リンク  野幌森林公園  江別市  江別観光協会
南幌町 南幌町 
長沼町 長沼町  マオイの丘公園 
由仁町 由仁町  ゆにガーデン  
ゆにガーデン北海道由仁町
【 ゆにガーデン 】 北海道由仁町
世界のハーブや草花が咲き競う英国風ガーデン
風薫る英国風庭園がテーマの、丘陵地に広がるハーブと緑のガーデン。約14haの敷地は、20万株のクロッカスが咲く芝生広場を中心に、スペシャルハーブガーデンやローズガーデンなど13エリアで構成されている。英国の伝統的なノットガーデンや園路の両端に花が咲くボーダーガーデンなども。センターハウスのレストランやカフェテリアでハーブ料理やハーブティーを楽しめる。
リンク  ゆにガーデン  由仁町

石狩市 石狩市  石狩観光協会
札幌市 札幌市  札幌市観光協会   さっぽろテレビ塔  北大植物園  中島公園
豊平館  ポプラ並木   百合が原公園  羊ヶ丘展望台  藻岩山
国営滝野すずらん丘陵公園  北海道開拓の村  さっぽろ雪まつり  定山渓温泉
札幌市豊平川さけ科学館  北海道大学総合博物館 札幌市青少年科学館  北海道神宮
サッポロスターライトドーム  北海道立近代美術館  北海道立文学館  北海道開拓記念館
体験工房 手づくり麦酒(オリジナルビールづくり)   円山動物園  サンピアザ水族館
テイネオリンピア遊園地  白い恋人パーク  
(日帰り湯)白樺の湯  札幌里塚温泉  やわらぎの里  湯の花    札幌丘珠空港
時計台北海道札幌市中央区
【 時計台 】 北海道札幌市中央区
明治から時を刻み続ける札幌のシンボル
クラークの後を継ぎ教頭となったホイラーの構想。1878(明治11年)年に北海道大学前身の札幌農学校の演武場として建設、時計はその3年後に設置された。当時は周囲のどこからもよく見えたが、現在は高いビルに囲まれている。館内では、同型の時計機械などが展示され、時計台の歴史などを学べる。開拓使時代の洋風建築として北海道遺産、国の重要文化財。
リンク  札幌市  札幌市観光協会
北海道庁旧本庁舎北海道札幌市中央区
【 北海道庁旧本庁舎 】 北海道札幌市中央区
「道庁赤レンガ」の愛称で知られる札幌の名所。1888(明治21)年に、開拓使の本庁舎として日本人の設計によって建てられた。外観は米国風ネオバロック様式、マサチューセッツ州議事堂をモデルとしたレンガ造り。道産の建材を使用している。現在は一般開放されている。国の重要文化財。
リンク  札幌市  札幌市観光協会
札幌大通り北海道札幌市中央区
【 札幌大通り 】 北海道札幌市中央区
札幌の中心街を東西1.5kmに長くのびている都市型公園。1871(明治4)年に設けられた火防線がはじまり。樹木や花壇、噴水や彫刻など心なごむ都会のオアシスとして親しまれている。雪まつりやライラックまつりなどのイベントの会場となり、遠方から多くの人が訪れる札幌観光の顔ともなっている。4月下旬から10月下旬までは名物のトウキビワゴンも。日本の道百選。
リンク  札幌市  札幌市観光協会
【 さっぽろテレビ塔 】 北海道札幌市中央区
大通公園の東端に立つ高さ147mのタワー
1957(昭和32)年に完成、地上約90mには内部が木目調の展望台があり、360度のパノラマを楽しむことができる。大通公園など札幌中心街を眼下に、手稲山や大倉山、日本海、石狩平野などを見渡せる。下の部分は地上3階・地下1階建で、レストランやショップ、アミューズメントスペース、多目的ホールなどが揃う。
リンク  さっぽろテレビ塔  札幌市  札幌市観光協会
さっぽろ雪まつり北海道札幌市
【 さっぽろ雪まつり 】 北海道札幌市
海外からの観光客も増えた規模の大きい雪まつり
毎年2月5日から11日の7日間、全国から観光客が集まる大規模なもの。始まりは、戦後の1950(昭和25)年に地元の中学・高校の生徒たちが6つの雪像を作り、大通公園に設置したのがきっかけ。現在、大通公園、真駒内、ススキノの3会場で、高さ10m以上の大きな雪像も含め、300基を越える雪象が見られるようになった。中小のものは市民によって、大きいものは自衛隊によって作られている。
リンク  さっぽろ雪まつり  札幌市  札幌市観光協会
北大植物園北海道札幌市中央区
【 北大植物園 】ほくだいしょくぶつえん 北海道札幌市中央区
クラーク博士の建議が発端、国内初の近代的植物園
北方生物圏フィールド科学センター耕地圏ステーション植物園。クラーク博士によって植物園の必要性が建議されたことに端を発し、1882(明治15)年にできた小さな博物場が始まり。名の通り北海道大学の附属研究施設。園内にはハルニレやポプラ、ブナの大木が茂り、植物園をはじめ北方民族資料室や宮部金吾記念館、そして1882(明治15)年築の博物館も残っている。
リンク  北大植物園  札幌市  札幌市観光協会
中島公園北海道札幌市中央区
【 中島公園 】 北海道札幌市中央区
市街地の中央ながら水と緑の風景が印象的な総合公園。豊平川の分流・鴨々川の流れが生かされ、背景に藻岩山がそびえる。菖蒲池を中心に豊平館(国重文)や八窓庵などの文化財や北海道文学博物館、天文台、コンサートホール、日本庭園、バラ園などが集まっている。
リンク  中島公園  札幌市  札幌市観光協会
豊平館北海道札幌市中央区
【 豊平館 】ほうへいかん 北海道札幌市中央区
中島公園にある1880(明治13)年築の木造2階建ての洋館。貴賓向けのホテルとして利用されていた。1958(昭和33)年にテレビ塔の北側から移築。内部の見学は自由で、当時の資料が展示されている。各部屋には豪華なシャンデリア。また、結婚式や本格的なフランス料理レストランとして人気が高い。開拓使時代の洋風建築として北海道遺産、国の重要文化財。
リンク  豊平館  札幌市  札幌市観光協会
【 北海道神宮 】 北海道札幌市中央区
開拓の神が祀られた道内の代表的神宮
円山公園横に鎮座。1871(明治4)年に明治政府によっての建立された。当初は札幌神社、現在の名称となったのは明治天皇を増祀した1964(昭和39)年。正門は建立当時に開拓を進めていた樺太、千島方面(北東)を向き、開拓神社には間宮林蔵をはじめ開拓者が多く祀られている。また、桜の名所で約1500本の木に花が咲く5月は花見客で賑わう。6月14〜16日には「北海道神宮例祭(札幌まつり)」が開かれる。
リンク  北海道神宮  札幌市  札幌市観光協会
二条市場北海道札幌市中央区
【 二条市場 】 北海道札幌市中央区
札幌の中心街で鮮魚などの店約50軒が集まる市場。懐かしい雰囲気も残る札幌の生鮮物の市場。タラバガニや毛ガニ、サケ、イクラなど鮮魚を中心に、水産加工品や野菜、果物などが豊富に並び、観光客にも人気。食堂も多く、新鮮な魚介を味わえる。
リンク   札幌市  札幌市観光協会
【 札幌市電 】 北海道札幌市中央区
西4丁目とすすきのをロープウェイ入口経由で結ぶ8.5kmの路線。西4丁目とすすきのは500m程しか離れておらず、路線は郊外をひとまわりする環状型。全線の所要時間は約45分。路面列車の運行開始は1918(大正7)年。鮮やかなグリーンをした車両が中心で、積雪時には除雪用のササラ電車も運行される。すすきの〜創成小学校前では上下線の間に架線柱(センターポール)が立つ。藻岩山ロープウェイや中島公園などの観光にも便利。
リンク   札幌市交通局  札幌市  札幌市観光協会
ポプラ並木北海道札幌市北区
【 ポプラ並木 】 北海道札幌市北区
広大な北海道大学の南西で農場庁舎近くで、農道の左右に約250mにわたって続く。1903(明治36)年の植栽が始まり。札幌の代表的な風景のひとつだが、2004(平成17)年の台風で51本中27本が倒壊してしまった。立て直しや新たな植樹など再生作業の結果、約80m散策が可能となった。
(写真)倒壊前のポプラ並木黄葉
リンク  ポプラ並木  札幌市  札幌市観光協会
百合が原公園北海道札幌市北区
【 百合が原公園 】ゆりがはらこうえん 北海道札幌市北区
花や木を楽しめる札幌郊外のフラワーパーク
札幌丘珠空港の北西で、24万1000平方mの広い敷地に、世界のユリが集まった「ユリ園」をメインに、バラやハーブやバラなどの「かおりの庭」、高山植物や山野草が見られる「ロックガーデン」、温室、世界の庭など、3500種類以上の花々が咲く。園内にはリリートレインが運行されている。ユリの見頃は、6月下旬〜7月。
リンク  百合が原公園  札幌市  札幌市観光協会
羊ヶ丘展望台北海道札幌市豊平区
【 羊ヶ丘展望台 】ひつじがおかてんぼうだい 北海道札幌市豊平区
大都市近郊ながら牧歌的な風景が広がる
札幌郊外の北海道農業研究センター(旧北海道農業試験場)。羊が放牧されている広大な牧草地やポプラ並木が見渡せ、その向こうには札幌ドームや札幌の街並みが見える。1959(昭和34)年、農業試験場の一角が観光施設となった。石狩平野を指さすクラーク博士像が有名。純白のチャペルや札幌の歴史を訪ねる施設なども。
リンク  羊ヶ丘展望台  札幌市  札幌市観光協会
藻岩山北海道札幌市南区
【 藻岩山 】もいわやま 北海道札幌市南区
大都市・札幌の夜景を一望、まさに光の海
札幌中心部の南西にあり、標高531m。山頂へは、藻岩山観光自動車道または藻岩山ロープウェイとリフトを乗り継いで登る。山頂展望台からは眼下に札幌の街並みや石狩平野、遠く大雪山などの眺望が広がる。おススメは夜景。大都市ならではの光の量、他では見られない光の大海原だ。周辺の原生林は国の天然記念物。
リンク  藻岩山   札幌市  札幌市観光協会
国営滝野すずらん丘陵公園北海道札幌市南区
【 国営滝野すずらん丘陵公園 】 北海道札幌市南区
すずらんの花咲く緑豊かな国営公園
札幌市中心部から南へ約20km。計画総面積は395.7haと広大、現在約半分が開園している。渓流、中心、宿泊、森林スポーツ、自然観察、保全の6つのゾーンがあり、カントリーガーデンや子供の大型遊具、キャンプ村、サイクリングコースなど楽しみがいっぱい。また、渓流口駐車場から徒歩約10分で日本の滝百選・アシリベツの滝。冬は滝野スノーワールドとして、本格的な歩くスキーやそりゲレンデや、スノーシューのコースなどで楽しめる。
リンク  国営滝野すずらん丘陵公園   札幌市  札幌市観光協会
【 アシリベツの滝 】 北海道札幌市南区
滝野すずらん丘陵公園の渓流ゾーンにある札幌市近郊の滝。落差は26m、水量豊かで雪解けの時期などは轟音が響き渡る程。右に厚別川にかかる雄滝、左には清水沢川にかかる雌滝が並ぶ。渓流口駐車場から川沿いに1.1km、徒歩約15分。公園内には、「鱒見の滝」や「不老の滝」なども。見学は開園中のみ。日本の滝百選。
リンク  国営滝野すずらん丘陵公園   札幌市  札幌市観光協会
【 札幌市豊平川サケ科学館 】 北海道札幌市南区
「カムバックサーモン運動」成功をきっかけにしてできた施設。真駒内公園内にある。豊平川では戦後の水質悪化で途絶えたサケの回帰復活を全国に先駆けて果たした。1984(昭和59)年に開館。サケの仲間や豊平川の淡水魚展示などサケに関して学ぶことができる。サケの資料展示や観察室などがある本館をはじめ、さかな館学習館や、秋にサケの産卵行動を展示する屋外かんさつ館がある。
リンク  札幌市豊平川サケ科学館   札幌市  札幌市観光協会
定山渓温泉北海道札幌市南区
【 定山渓温泉 】じょうざんけいおんせん 北海道札幌市南区
大型旅館が並び札幌の奥座敷となる湯の町
1866(慶応2)年に修行僧・美泉常山(後の定山)によって発見された。札幌市街から南西に約30kmの山々に囲まれた静かな環境。カッパ伝説が残されており、温泉街ではかっぱ大王などのカッパ像などが造られ、8月上旬にはかっぱ祭りが開催される。散策コース沿いには湯の滝かっぱ淵二見吊り橋などがある。ナトリウム塩化物泉。効能は神経痛、リウマチ、婦人病など。
リンク  定山渓温泉  札幌市  札幌市観光協会
【 モエレ沼公園 】 北海道札幌市東区
ゴミ処理場が生まれ変わった都市公園。彫刻家イサム・ノグチ氏が参画し設計が策定され、「公園をひとつの彫刻」とする構想で造成された。イサム・ノグチによるデザインの遊具が120基以上あり、「桜の森」、石狩平野や周辺の山々を見渡せる高さ50mのモエレ山、高さ30mのプレイマウンテン、各種スポーツ施設などがある。冬はクロカンやスノボ、ソリ遊びができる。
リンク  モエレ沼公園  札幌市  札幌市観光協会
北海道開拓の村北海道札幌市厚別区
【 北海道開拓の村 】 北海道札幌市厚別区
明治や大正の道内建造物が集まったパーク
札幌郊外、野幌森林公園・記念施設地区にあり、北海道百年記念塔などの南に隣接する。村内は、市街地群や漁村群、農村群、山村群で構成され、建物ごとに資料が展示されている。開拓の歴史を体験的に学べるのが特徴。子供の広場では昔の遊び道具も。明治の街並みには馬車鉄道が走る。
リンク  北海道開拓の村  札幌市  札幌市観光協会

北広島市 北広島市
恵庭市 恵庭市  恵庭観光協会   恵庭市郷土資料館
千歳市 千歳市  千歳観光連盟  支笏湖  千歳サケのふるさと館    新千歳空港
支笏湖北海道千歳市
【 支笏湖 】しこつこ 北海道千歳市
火山や原生林に囲まれた深いカルデラ湖
最大水深が約360mと、秋田県の田沢湖に次ぐ全国2位の深さ。湖はもとは円形だったが、火山活動によって北側に恵庭岳が、南側に風不死岳ができ、現在のようなマユ型となった。真冬でも凍ることがない最北の不凍湖になっている。周辺の原生林はミズナラやイタヤカエデが多く、紅葉は鮮やかな色となる。湖畔には支笏湖温泉をはじめ野趣豊かな温泉群が湧出。湖上遊覧船は支笏湖温泉から。
リンク  支笏湖  千歳市  千歳観光連盟
オコタンペ湖北海道千歳市
【 オコタンペ湖 】 北海道千歳市
原生林に囲まれた乳緑色の神秘的な秘湖
恵庭岳北西麓にある周囲5kmの堰き止め湖。ミズナラやダケカンバ、エゾマツなどの原生林に囲まれ、水没した大木が湖底森林をつくる。湖面の色は普段乳緑色に見えるが、時間や季節により変化する。道路沿いに展望台があり、湖や周辺の美しい大自然を見渡せる。湖には国の天然記念物に指定されたエゾサンショウウオが生息する。オンネトー、東雲湖と並んで北海道3大秘湖のひとつ。
リンク  千歳市  千歳観光連盟
苔の洞門北海道千歳市
【 苔の洞門 】 北海道千歳市
壁面の両側に緑の苔が密生する珍しい渓谷
風不死岳(フッブシダケ)の南西麓、高さ約10m、長さ約500mの渓谷。壁面の両側にエビゴケ、チョウチンゴケなど約30種の苔が密生し、緑色に輝いている。見学できるのは、6月上旬から10月下旬の9時から16時。
リンク  千歳市  千歳観光連盟
千歳サケのふるさと館北海道千歳市
【 千歳サケのふるさと館 】 北海道千歳市
サケと北方圏淡水魚の一大アクアリウム
サケマスの近代的な孵化放流事業の国内発祥地・千歳川のほとりにある。千歳川に生息するサケや淡水魚について学べる施設。千歳川水中観察室は、川の側面がガラス張りになっており千歳川の中を観察できる。8月下旬から冬にかけて産卵で遡上するサケを観察できる。近くにはインディアン水車がある。
リンク 千歳サケのふるさと館  千歳市  千歳観光連盟
インディアン水車北海道千歳市
【 インディアン水車 】 北海道千歳市
アメリカでふ化技術を学んだ北海道庁初代水産課長・伊藤一隆によって1896(明治29)年に造られた。千歳川をせき止めて造った魚道からサケを捕獲するアイディアもの。遡上するサケが水車内に入って自動的に捕獲できる。秋の漁獲期には多くの見学者で賑わう。千歳川を水中を泳ぐサケを観察できる千歳サケのふるさと館もある。
リンク  千歳市  千歳観光連盟

苫小牧市 苫小牧市  苫小牧観光協会  ウトナイ湖  ノーザンホースパーク  苫小牧市科学センター  
苫小牧市博物館  ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
ウトナイ湖北海道苫小牧市
【 ウトナイ湖 】 北海道苫小牧市
貴重な自然が息づく勇払原野最大の潟湖
面積約510ha、周囲約17km。毎年10月中旬から融雪期にかけて飛来するハクチョウなど、一年を通して200種以上の野鳥、渡り鳥が見られる。また、植物約460種類、昆虫約3000種類が確認されている道内でも屈指の自然の宝庫。湖畔には1周約2.5kmの自然観察路が整備され、観察小屋や望遠鏡を備えたネイチャーセンターも。1981(昭和56)年に日本で初めてバードサンクチュアリ、国設鳥獣保護区特別保護地区。ラムサール条約登録湿地。
リンク  ウトナイ湖  苫小牧市  苫小牧観光協会
ノーザンホースパーク北海道苫小牧市他
【 ノーザンホースパーク 】 北海道苫小牧市他
乗馬をはじめ、馬車、パークゴルフ、陶芸などが楽しめる観光牧場。広さは15万坪にもおよぶ。園内にはレストランや売店、ホースギャラリーなどがある。ひき馬や2階建て馬車、乗馬体験、本格的な角馬場騎乗など乗馬初心者からベテランまで楽しめる。
リンク  ノーザンホースパーク  苫小牧市   苫小牧観光協会

白老町 白老町  アイヌ民族博物館  仙台藩白老元陣屋資料館  
倶多楽湖北海道白老町 
【 倶多楽湖 】くったらこ 北海道白老町 
摩周湖に次ぐ透明度を誇るカルデラ湖
登別温泉の東側に位置する原生林に囲まれたクッタラ火山のカルデラ湖。周囲は8.5kmで直径約3kmのほぼ円形。湖岸にはボートのりばやキャンプ場がある。透明度は19mあり、摩周湖に次いで国内2位。湖にはエゾサンショウオやザリガニなどが生息する。ハイキングコースで温泉から湖畔までは徒歩約40分。
リンク  白老町
【 インクラの滝 】 北海道白老町 
豪快で優美、断崖から落下する落差44mの滝
断崖から落下する落差45mの滝。「別々の滝」が正式名称だが、木材を運ぶためのインクラインという施設あったことから付いた名が通常の呼び名となった。滝を断崖がとり囲み迫力ある景観だ。手前の展望台から遠望でき、さらに沢沿いを徒歩約45分で滝壺へ出れるが、落石などで立入禁止となる。日本の滝百選。
リンク  白老町

登別市 登別市  登別市観光協会  登別温泉   のぼりべつクマ牧場   登別マリンパークニクス
登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山
登別温泉北海道登別市
【 登別温泉 】 北海道登別市
温泉のデパートとも言われる11種もの泉質
天然記念物の登別原生林に囲まれた環境で、標高200m付近に旅館が並び、温泉郷を形成している。日本を代表する温泉のひとつで、硫黄泉や食塩泉、鉄泉、明ばん泉など世界的にも珍しい11種もの多様な泉質が魅力。自然湧出量1日1万トン、源泉温度45℃〜90℃の高温。
リンク  登別温泉   登別市  登別市観光協会
地獄谷北海道登別市
【 地獄谷 】 北海道登別市
登別温泉街の北東にある直径450mの噴火口跡
笠山が爆発して出来た爆裂火口の跡。剣ヶ峰と呼ばれる絶壁がそそり立ち、赤茶けた地面には多くの噴気孔があり、ガスや熱湯を吹き出している。谷に流れ込む水はここで過熱されて70℃近い温泉となる。そこに大地獄を中心に15の地獄ができている。入口に展望台や1周約600mの遊歩道から噴火口跡を見られる。北海道遺産。
リンク  登別市  登別市観光協会
大湯沼北海道登別市
【 大湯沼 】おおゆぬま 北海道登別市
湖底から硫黄を噴出する湯沼
登別温泉の北方500mにある周囲約1kmの湯沼。日和山の爆裂火口跡。墳気や熱気が噴出している。表面の泉温は40〜50度あり、最深部は約25mで、約130度もの硫黄泉を噴出している。硫黄が結晶し湖岸が黄色になっている。また、一部の硫黄が鉄、ガスが黒色の中空球状硫黄となって湖面に浮いている。
リンク  登別市  登別市観光協会
オロフレ峠北海道登別市他
【 オロフレ峠 】 北海道登別市他
北海道らしい雄大な景観を見渡せる標高930mの峠。登別温泉と洞爺湖を結ぶ道道2号線の途中・オロフレトンネルの洞爺湖側から、旧道で登る。展望台からは周辺の深い自然の風景や羊蹄山、噴火湾、クッタラ湖、洞爺湖など実に雄大な眺め。秋は色鮮やかな紅葉の風景を見渡せる。
リンク  登別市  登別市観光協会

室蘭市 室蘭市   室蘭市観光協会   室蘭市青少年科学館
地球岬北海道室蘭市
【 地球岬 】 北海道室蘭市
地球が丸いことが実感できる断崖の岬
室蘭のある絵鞆半島の最南端、先端には地球岬灯台がある。ここからは、大海原と駒ヶ岳や恵山岬などワイドな風景が見渡せ、地球が丸いことを実感できる。室蘭市街から地球岬まで約5kmの観光道路がのびている。
リンク   室蘭市  室蘭市観光協会

日本の旅ドットコムTOPへ   北海道TOPへ
稚内・紋別・留萌エリアへ  網走・知床エリアへ  釧路・根室エリアへ  十勝・帯広エリアへ
大雪・富良野エリアへ  小樽・洞爺エリアへ  函館・大沼エリアへ